FC2ブログ

階段で転ぶ

あたふたしているうちに12月に入ってしまった。


このところ毎週末にはパソコンの乗り換え作業を
していたのだが、ようやく昨日で一段落ついた。


試行錯誤を繰り返し無駄な作業をして、後から
気づいて修正する。


いつまでかかるのやらと気が気でなかったけれど、
結果として何とかなったのだから良しとしよう。



根雪になるのはもう少し先だが、雨・あられ・雪に
冷え込みと風が伴ったりして道路状況は悪い。


北海道で生まれ育ち、暮らして五十余年。
毎年飽きもせず転んでしまう。


今シーズンの初転びは、今日の午前に起きた。
それも道路ではなく、住んでいるアパートの
階段だった。


日用品の買い物に行こうと自室を出て、
階段を降りかけた途中でバランスを崩した。


とっさに消化器が設置されている突起に
つかまったので、階下まで落ちずに済んだ。


しかし左足のすねの下部を強くぶつけて
紫色に腫れてしまい、湿布している。


バランスを崩した原因は何か。
階段の滑り止めにつまずいたのだろう。


我ながら呆れ果てる。
そそっかしいのは自覚していたが、これほどとは。


平日でなくて良かった。
出勤時にやってしまったら、とっさに気持ちを
切り替えられるかどうか自信がない。



時々周囲の人から、うつむきがちに歩いていると
指摘されることがある。


胸を張って堂々と歩けばいいのに。
無意識に転ばないよう、身構えているのかもしれない。


スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

爆笑したけれど

昨日、所用で妹の家に行った。
小学校高学年の甥はヘッドフォンで相手と会話しながら、
ネットを通じてゲームを楽しんでいた。


このような遊び方は、私が子どもの頃には想像すら
できなかった。


技術の進歩には驚かされるばかりだ。
さらに5年後、10年後は一体どうなっているのだろう。


妹夫婦との会話で、ふと私が発した「サルノコシカケ」という
言葉に二人は心当たりが無いらしく、目を白黒させていた。


私は周知の事実としてこの言葉を口にしたのだが、
それは誤りで「カバノアナタケ」が正解だった。


2年以上前、妹が母に電話で「カバノアナタケ」の話をした。
私は母から、その話を「サルノコシカケ」と聞いていた。


つまり母の頭の中で、「カバノアナタケ」は「サルノコシカケ」に
いつの間にか変化していたのだ。


そして私は2年以上、「サルノコシカケ」と信じて疑わなかった。
事実が判明して、三人で爆笑してしまった。



しかし帰宅後に落ち着いて考えると、笑っていられるのも
今のうちかもしれないと思うようになった。


政治や経済、情報技術等のさまざまな分野で、外来語や
英語の頭文字を取った略語が使われている。


自分では正しく理解しているつもりでも、見当違いを
しているかもしれない。


年齢を重ねると母のように、聞き覚えのある単語に
置き換えてしまうかもしれない。


極論を言えば母は正しく「カバノアナタケ」と伝えたが、
私が勝手に「サルノコシカケ」と思い込んだ可能性もある。
(会話を録音していた訳ではないので)



昨日は別々の店での買い物で、硬貨の支払いを
続けて間違えてしまった。


1度目は、1枚多く出してしまった。
2度目は、1円のつもりが100円を出していた。


偶然かもしれないが危ない、危ない。
日頃からできるだけ頭を使った方が良さそうだ。


そして今日も先週に引き続き、Windows10のメールと
格闘していた。


うまくいかなかった原因の半分は修正できた。
残り半分は、また来週に持ち越しになった。


少しずつ進んで、そのうち使いこなしてみせる。
頑張れ、私。









テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

ぼちぼちいこう

10月からの消費税増税を前に、ギリギリのところで
パソコンを購入した。


来年1月にWindows7のサポートが終了してしまう。
今年中には購入しなければと気にしていたが、
メーカーからセールの案内が届いて、思わず
飛びついてしまった。


前回の購入から7年半が経過して、動作が遅くなったり
していたけれど、故障が起きなかったのは幸いだった。


前回の購入時は長らく勤めた企業を退職したばかりで、
自己都合退職で減額されたとはいえ退職金もあり、
電器店で気に入った商品を選ぶことができた。


「さあ、新しいパソコンで就活に励むぞ。」
意気込みとは裏腹に就活は暗礁に乗りあげ、職が定まらない
期間が5年10ヶ月に及んだ。


その期間を生き延びるために退職金はもちろん、
それまでの蓄えを大幅に切り崩す羽目に陥った。


現在の職に巡り合い生活は安定してきたが、
おひとりさまの老後を考えると、経費は抑えるに
越したことはない。



Windows10を使い始めたが、なかなか慣れない。
自分なりにいろいろ調べて、旧パソコンのバックアップと
新パソコンのセットアップをしたつもりだった。


しかしメールのデータ移行で、つまずいてしまった。
なぜ、どうして、どこがいけなかったのだろう?
よくわからない。


平日は長距離通勤のため、まとまった時間が取れない。
休日の家事・用事・休息の合間に、ぼちぼち進めよう。


ひょっとしたら、旧パソコンの整理が年をまたぐかもしれない。
まあいいか。


今後、家電の買い換え等でこのような機会が多々あるだろう。
歳を重ねるごとに、新しい事物に対応する力が弱まっていくと
考えられる。


時間がかかってもいいから、大切なのは諦めないことだと思う。
より快適な一人暮らしを続けていくために。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

すんなり収まる方法

今年も残すところ2ヶ月を切ってしまった。


のほほんと日々を送っているつもりはないが、
取るに足らない些細なことを気にしすぎて、
考えるべき大切なことから遠ざかっていると
感じている。


この心の動きは毎年この時期にやってくる
「やるせなさ」とでも言っていいだろう。



宴会シーズンが近づいている。
友人との忘年会は楽しみなのに、私は
職場の宴会がとても苦手だ。


友人との食事は自然に振舞えるのに、
職場の人たちとの食事は緊張して
身構えてしまう。


冗談が通じないので、適度な「距離感」と
「くだけ感」がわからない。


あちこちで話が盛り上がっていても、私の耳は
音声多重状態で内容が頭に入ってこない。


話の輪に入れず、何を話してよいのかもわからず、
寡黙で退屈な時間を過ごす羽目になる。


正社員として長らく勤めた企業では参加が
半ば強制的で仕方なく出席していたが、
うつ病で休職・復職後は無理をせず欠席した。


退職する際の送別会も辞退した。
ひっそりと職場を去りたかった。



そのような訳で、現在の職場でもお誘いは
すべて断ってきた。


障害者雇用ということもあって、「これからは
声をかけない方がいいですか。」と問われた
こともある。


矛盾しているのだが、結果として断るのに
「一切なし」になれば寂しいと感じてしまう。



先日の通院で、主治医にこの件を相談してみた。
主治医は事も無げに解答を示してくれた。


「ほとんど断ると思いますが、声だけはかけてください。」
と、言ってみてはいかがですか。

出席せざるを得ない場合や、気持ちが変わるときも
あるかもしれません。


なるほど、そうか。
相手の気分を損なわずに、自分の気持ちを伝えられる。


主治医に感謝して、もやもやした心が晴れた一日だった。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

滝汗は減るか否か

11月より、自動車通勤から公共交通機関による
通勤に切り替えた。


往復3時間の長距離通勤で、ラッシュの人混みは
辛いけれど、冬道の運転に比べればずっと安心だ。


夏場の自動車通勤は、エアコンが効いて快適だった。


しかし今夏は猛暑のため、例年にないほどの酷い
夏バテと睡眠不足で疲労が溜まっていた。


自動車でも通勤に1時間以上かかるのだが、度々
意識が薄れて前の車に追突しそうになった。


音楽・ラジオを聴いていても、ガムを噛んでも、
頬や足を叩いてみても、その瞬間を避けることが
できなかった。


ある日、私はあわや事故を起こすような失敗をした。
車の左側を縁石に乗り上げたまま、数秒走行したのだ。


たまたま人や動物がおらず、電柱等がなかったから
事故を免れただけだった。


思い出すだけで震えがくる。


このまま放置したら、自分だけではなく人に迷惑を
かけてしまうと思った。



その日の帰宅途中、ドラッグストアに寄って
薬剤師さんに相談した。


私の体力を奪っているのは、主に頭・顔・首から
滝のように流れ落ちる汗とほてりだと感じていた。


俗に言う更年期のホットフラッシュだ。


薬剤師さんに教えてもらった薬を飲み始めて、
2ヶ月間が過ぎた。


季節が進み、体力は徐々に回復してきた。




冬でもホットフラッシュは変わらない。
首から上は熱を帯びているのに、手足は
氷のように冷たい。


薬剤師さんによると自律神経の働きが
乱れていて、血液のめぐりが悪く、熱が
全身に均等に行き渡らない状態とのこと。


薬の効き目はいかに。


滝汗が減って、手足の冷えが改善されたら
北海道の長い冬もかなり過ごしやすくなる
だろうと期待している。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます