FC2ブログ

できるだけ長く

今日、所有する軽自動車を車検に出した。
早いもので乗り始めてから9年が経過した。


その割に走行距離が短いのは、6年近く
職が定まらない期間があったからだ。


現在の職に就いてから、冬季を除いて
往復60㎞くらいの距離を運転している。


平日の運転時間が長いことと、もともと
出不精な性質が重なって、休日のドライブは
帰省ぐらいになってしまった。



ふと頭をよぎるのは、高齢の両親のこと。
後期高齢者となり、せいぜい隣の市町村に
行く程度しか運転しなくなった。


というより身体的な衰えから、運転できなく
なってしまった。


しかし70代前半までは、二人とも単独で
それぞれ好きなところに行っていた。


北海道は広い。
長距離を日帰りすることもあって、後で
聞いた私がフットワークの軽さに驚くことも
しばしばあった。



両親を見ていると、運転できるうちに
行きたいところへ行った方が良いと
痛感している。


今秋、職場からそう遠くないところへ
転居する予定だ。


新居の生活に慣れたら(おそらく
半年ぐらいかかるだろう)、もう少し
遠出の頻度を増やしたい。


経済的な余裕がある訳ではないので、
軽自動車にはできるだけ長く大切に
乗っていきたいと思う。



スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

知るか知らないか

コロナ禍の中、九州で水害が発生した。
被災された方に心よりお見舞い申し上げます。


ありきたりな一言では、語り尽くせないほどの
痛みを抱えていることと思います。




先月の受診で主治医から受けたアドバイスは、
「コロナ禍のニュースが多い中、あえてテレビを
つけないで好きな音楽を聴いている人もいます。」


心を守るためには情報を遮断することも、一つの
手段ということなのだろう。


なるほど。そうだね。
日本中、世界中の人々の苦難が自分の心に
押し寄せてもどうすることもできない。


影響を受けて、気分が沈んでいくばかりだとは
理解している。


適当なところで一線を引いたつもりでいるけれど、
私の線はときどき途切れてしまうみたいだ。


知らない方がいいこともある。

知る不安と知らない不安

もしどちらかを選ぶとしたら、「知る不安」にする。
理由は寂しいから。


一人が好きだけれど、一人では生きていけない。

明日は嬉しいニュースが一つでも増えていますように。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

体メンテナンス

もうすぐ7月が始まる。
予報によると今夏も猛暑になるらしい。
聞いただけで憂うつになった。


昨夏は夏バテが酷くて辛かった。
せめて滝のような汗が止まれば楽なのにと思うが、
汗が出ないと体に熱がこもって熱中症になりそうだ。


栄養と睡眠を取って、体力を維持する。
わかっているのだけれど、なかなか難しい。



人間生活50年を越えると、体のあちこちで
勤続疲労が発生する。
このぐらいから体力の個人差が目立ってくる。


私は食事も睡眠も運動も、ちゃらんぽらんに
過ごしてしまった。
その付けが回ってきたと痛感している。


コンタクトレンズか眼鏡がないと、怖くて
階段も降りられない。
近年はさらに老眼も加わった。


コロナ禍と骨折の影響で定期検診
予定が大幅に狂ってしまった。


最近になって、ようやく眼科に行った。
ドライアイが進んでいた。


歯科医院に電話をしたら、平日は帰りが
遅いので土曜日しか行けないこともあり、
1ヶ月以上先の予約になってしまった。


職場の健康診断も、医療機関と日程が
合わず3ヶ月くらい延期になったらしい。




2月半ばに左足首を骨折して完治するまで
3ヶ月半を要した事実に、危機感を覚えている。


理学療法士さんによると、「治癒が終わりではなく、
繰り返さないように予防が大切。」なのだそうだ。


リハビリを通して、自分の筋肉の脆弱さを嫌という
ほど思い知らされた。
自宅の体組成計で測っても、筋肉量は「小」と出る。


公共交通機関で通勤していた頃は一日一万歩以上
歩いていたから、運動はそれで十分だと思っていた。
ただ歩くだけでは、さほど筋肉は鍛えられないそうだ。


筋肉を増やして鍛えれば転倒や怪我のリスクが
減らせるし、体力増進に繋がると教わった。


まずは自宅で続けられるトレーニングをしよう。
道具は使わず、自分の体重で負荷をかける。


目標は低く、筋肉量「小」から「標準の低」レベルを
目指す。


「ぷよぷよ」から「ぷよ」くらいになれば、やる気も
高まるのではないかと期待している。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

ふるさと

今日は夏至で父の日でもある。
2月くらいからコロナ禍に振り回されているうちに、
一年の半分近くが過ぎてしまった。


緊急事態宣言下のゴールデンウィークに
とんぼ返りして以来、父とは話していない。


実家に電話すると大抵は母が出る。
たまに父が出ても、すぐ母に替わる。


実家から電話が来るときも大半が母からで、
父からの電話は用事があるときだけだ。


高齢の父と中高年の子という関係は、
安否確認してから次の会話が繋がらない。


高卒で実家を出て、ほぼ人生の三分の二を
離れて暮らしてきた。


その間うつ病での休職が2回あり、それぞれ
1ヶ月間と8ヶ月間、実家で静養させてもらった。
心配をかけたと思う。


そして47歳で長年勤めた企業を退職した。
転職活動は暗礁に乗りあげ、5年10ヶ月間
定職に就けなかった。
さらに心配をかけてしまった。


職を転々としていた頃も、Webワークと称して
引きこもっていた頃も、アパートを引き払って
地元に帰ろうとは本気で考えなかった。


理由は幼少時や思春期の記憶が鮮明すぎる
私の特性が、それを受け入れなかったからだ。


私は聴覚からの情報処理がうまく働かない
ところがある代わりに、視覚的な記憶
長く保持してしまうらしい。


私は高校はともかく、保育園・小学校・中学校
での集団生活が嫌いだった。


円満そうに見える家庭でも、波風が一つも
立たないところは皆無だと思う。


意見の相違や嫁姑の確執、きょうだいげんか、
親への反抗等、一通りの出来事を経験する。


虐待ではないけれど、父母にお尻を叩かれた
ことが一度ずつある。
私に非があったらしいが、理由を聞いても
理解できなかった。


誤解のないように付け加えておくが、私はこの
両親のもとに生まれてきて良かったと思っている。


二人とも、それぞれ別の私のごく幼い日の
エピソードを、時折懐かしそうに話している。


学校生活も家庭生活も嫌なこと・辛いこと以外に
楽しいこと・嬉しいことも当然あった。


だからこそ苦しいのだ。
何十年経っても昨日のことのように思い出してしまう
から、やるせなくなって地元には長く留まれない。


ふるさとはときどき帰るくらいが丁度いい。
しかし、高齢の両親の健康が気になる。


両親が地元を離れることは、絶対と言って
いいくらい考えられない。


その辺のところと、どう折り合いをつけていくか。
難しい。悩ましい。どうしよう。


取り越し苦労はストレスだが、避けては通れない。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

気温差が辛い

私の気のせいだろうか。
5月下旬からずっと気温が低かったり高かったりで、
平年並みの日が少ないと感じている。


低ければ手足が冷え切って暖房が恋しくなる。
高ければ滴る汗に四苦八苦してしまう。


6月は本来暑くもなく寒くもなく快適なはずなのに、
昨日今日のような高温になると夏バテの予感すら
覚える。



昨年9月頃から更年期のホットフラッシュによる
大量の汗を改善しようと、市販の漢方薬を服用
していた。


半年ほど服用していたのだが、事情があって
中断せざるを得なくなった。


2月半ばに左足首を骨折して、1ヶ月くらいは
副作用の強い炎症を抑える薬を服用していた。
長く続けると胃と腎臓を痛めると聞いていた。


3月半ばになって、その薬の代わりとして
副作用の少ない2種類の漢方薬を処方された。


「ホットフラッシュを抑えるために市販の漢方薬を
飲んでいます。」と伝えると、処方する薬はその
効果もあるので市販薬は止めるようにと言われた。


5月半ばまで処方された漢方薬を服用していた。
炎症も痛みも消えたので、元の市販薬に戻した。


5月末にようやく骨折治療が終了した。
私は3ヶ月半ぶりに片足ずつ階段を昇降できる
ようになり、喜びをかみしめた。


ところが、骨折した左外くるぶし付近は元の
状態に戻っていない。


右外くるぶしと比べると明らかにむくんでいる
ように見える。


骨折とそれに伴う炎症は完治し、痛みも無い。
時間の経過と共に、むくみは取れるかもしれない。


でも気になる。
元の市販薬を飲みきったタイミングで、処方されていた
関節の痛み・むくみを取り、かつ多汗症に効く漢方薬を
ドラッグストアで購入し、服用し始めた。



そして今日、首にタオルを巻きながら掃除機をかけていた。
タオルで拭くのも間に合わず、ボトボトと床に落ちる汗の滴。


たいして広くもない部屋に掃除機をかけただけで、
首に巻いたタオル・脇・胸・背中・腹と汗染みを作る
私の体質はいつ改善されるのだろう。


左外くるぶし付近のむくみはいつ取れるのか。

職場や外出先では、耳の後ろを流れる汗に
マスクのひもが濡れて不快でかゆくなる。


私は神経質でわがままなやつだ。
人間の器が小さい。
それくらい我慢しろ!




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます