FC2ブログ

アルバイト

 短大1年時に、下宿の先輩の紹介で短期間

(3ヶ月ぐらい)アルバイトをした経験がある。

職種は、ショッピングセンターのフードコート内にある

セルフサービスの飲食店での皿洗い等の雑用係。

   とにかく「しんどかったー。」の一言に尽きる。

   放課後の3時間くらいのアルバイトだったけれど、

   殆ど同じ場所にずっと立っているだけで辛かった。

   若くて体力があったから勤まったが、50歳を超えた今

   同じことを毎日しなさいと言われても、とても

   無理だと思う。自分に立ち仕事はつくづく

   向いていないのだと自覚した。

 それでも何とか続けたのは、どうしても

手に入れたいものがあったからだ。

① コンタクトレンズ
  (中学生からずっと眼鏡だったから)
 
② ラジカセ
  (テレビはあったけれど音楽を聴きたかったから)

③ 自動車免許
  (学生のうちに取得しておきたかったから)

 自分で働いてお金を稼ぐことがどんなに大変か、

離れてみて親の有難さが身にしみてわかった。

しかし、違和感を覚えたこともあった。

   バイト先の上司は、名前を呼んでくれなかった。

   いつも「おねえちゃん」と呼ばれていた。今ならさしずめ

   「おばちゃん」だろうか。確かに小さい子供から見れば

   「おねえちゃん」もしくは「おばちゃん」なのだけれど、

   アルバイトは名前も呼んでもらえないほど、社会的に

   地位が低いのだろうか。やっぱり何か変だと思った。


 他にスーパーの棚卸のアルバイト(単発)も経験した。

現代は、商品管理等はすべて機械化されているから

この種のアルバイトはもう存在しないだろう。


 先輩がやっていたスーパーのレジ係や、友人がやっていた  

電話対応(今でいうコールセンター)のアルバイトの話を

聞いてみたが、対人関係が苦手な私には臨機応変な対応も

気の利いた受け答えも、うまくできそうにないので諦めた。


現在でも、コンビニのアルバイト募集広告をよく見かけるが

私は(自閉症スペクトラムの例にもれず)様々なことに同時に

気を配るのが苦手だから到底勤まらないと諦めている。






スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます