FC2ブログ

配属その1

 新入社員研修が終わって、私は営業部の幾つかある

課のうちの一つに事務として配属された。

当時はパソコンはおろか、それ以前のオフコンが

導入され始めた頃で、殆ど手作業の仕事が多かった。

上司や先輩は皆優しくて、私は素直に説明を聞いて

指示された仕事をこなしているだけでよかった。

解らないことは質問すれば、丁寧に教えてくれた。

ただ、反省すべき点はあった。

  ● 「すみません。」の連発 

     誤りを指摘された場合以外にも

     質問する際などに「すみません。」を

     無意識に連発していた。

     先輩から注意された。

  ● 電話応対がぎこちない

     聞き間違いがあったり、適切な言葉が出てこない。

     これは慣れるしかない、先輩を参考にしようと思った。

そのうち、オフコンの操作練習もするようにと言われていた。


 まずは順調なスタートだったのに、私生活では疲れ果てていた。

   自分が新しい環境に適応しづらい人間であることは、

   これまでの経験上わかりきっていた。学生と違って、

   会社に拘束される時間が長くなって「人疲れ」

   酷かった。帰宅したら、あっという間に次の朝になる。

当時は週休2日制など程遠く、休日は月に5日程度だった。

私はいつしかストレス解消と称して、

たばこを吸うようになっていた。

それが約20年にわたるたばこ依存の始まりだった。

たばこを吸ってもストレスが消えるはずもない。

ただ、不安と緊張と自信の無さを紛らわしたいだけだった。

本当にこのままやっていけるのか、いつも考えていた。


 そんな中、平和な仕事生活は3ヶ月で終わりを告げた。

欠員補充のため、別の課に異動することになったのだ。

そこで私は図らずも本質をさらけ出してしまうことになる。

自分の不器用さを隠そうとすればするほど苦しくなった。


    

スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます