FC2ブログ

復職その2

 2度目の休職期間を終えて、私は約8ヶ月ぶりに

復職を果たした。


休職中に急激に痩せて再び太ったので、制服が

きつくなっていた。誰かにそれを指摘されるの

ではないかと、内心ひやひやしていた。

職場では8ヶ月の間にこまごまとした変化が

あったが、それは致し方のないことだった。


復帰したての数日間は、とても疲れた。

疲労感が半端ではなかった。

最初の休日、私は寝てばかりいた。


幸い母が、3週間くらい実家と往復しながら

一緒に過ごしてくれた。帰宅後、母とよく

近隣の温泉施設に通った。仕事に慣れる

まで食事を作ってくれた。


何とか無事に復帰できたのも、母の助けが

あってこそだと思って感謝している。


復帰に当たって、私はもう無理に強がったり、

背伸びをするのはやめようと思っていた。

他者との「どこかずれている感」は、どう

あがいたところで埋めようがないのだ。

それを自分の個性として受けとめる方が

楽だとやっと気が付いた。


「人にどう思われようと構わない。」とまでは

開き直れないけれど、とにかく「良い加減」

やって行けばいいことなのだ。


私は、気の進まない職場の宴会には極力

出席しないことにした。小さな抵抗だった。

以前は、体調がかなり悪くても無理して出勤

していたが、やせ我慢はやめることにした。

私一人がいなくても、会社は延々と存続する

のだ。気にしなくてもよいではないか


そんなふうに割り切れるようになった頃、

私は42歳を迎えていた。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます