FC2ブログ

心模様

 事務長氏とのぎくしゃくした関係に悩んでいた私は、

当時通院していた精神科の医師に相談した。

医師は、社内のしかるべき人に相談した方が良い

アドバイスしてくれた。


思いついたのは直属の役員だったが、私は率直に

(感情的にならずに、理解されやすいように)話が

出来るかどうか不安があった。

また、いわゆる「告げ口」をするように思えて、

気が乗らなかった。


通院の帰り道、街中をぶらぶら歩いていた。

ふと、参考までに「占い」に頼ってみようと

いう気持ちになった。


私は特にスピリチュアルな人間ではない。

「当たるも八卦当たらぬも八卦」の立場にいる。


初老の男性占い師に、名前も相談事も告げずに、

手相だけを観てもらった。

その結果に私はとても驚いた。


彼は紙に次のように書いた。  「神」

そして、「神」の上に「精」、「神」の下に「経」と

続けた。

つまり「精神」と「神経」という2つの熟語だった。

彼はおもむろに、「あなたは、この2つのことに

かなり影響されやすい方ですね。」と告げた。

そして「現在、強い憎しみを持っている人物が

いるでしょう。」とも語った。


図星だった。私の心模様は、そのまま手の模様と

なって現れていたのだった。

彼は「憎しみなどの負の感情は、あなたの運気を

下げるから、できるだけ捨てなさい。」と忠告して

くれた。


見事なまでに心を見抜かれて、素直に忠告に

従おうと思った。


それから私は、なるべく事務長氏の存在や言動を

気にしないように努力し始めた。我慢できなくなったら

席を立って、しばらく気を静めるようにした。

これには、かなりの忍耐力を要したからとても疲れた。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます