FC2ブログ

絶対無理!

異動の内示を受けた際、あからさまに悲哀に満ちた表情を
浮かべた私に、上司は合点が行かないようだった。

左遷ではなく実績が認められたのだから、当然喜ぶはずだ。
そう考えていたに違いない。

「今の時代は事務だけできれば良いというものではない。
他部署の仕事も覚えて、会社に貢献してほしい。」と
念を押すように付け加えた。

私の気持ちは、正反対を示していた。
「絶対無理だ。退職するには潮時かもしれない。」


適応不可能と判断した理由はさまざまある。

業務内容
 週の半分は集団での作業に従事する
 残りの半分はデスクワークや雑務、管理的業務に従事する

組織
 女性のパート社員が多数を占め、女性の正社員は
 その一割にも満たない。
 業務の段取りは殆どの場合、男性社員が決定する



異動した場合、年齢的にただ一人の女性管理職
の下に付くことになる。
彼女は鉄のように強い女性だった。
他人にも厳しいが、自分にも厳しい。
「私について来なさい」タイプのしっかり者だった。


私は彼女を尊敬していたが、私の豆腐のような精神では
到底ついて行けないと思っていた。
せめて高野豆腐くらいにはなる必要がある。
高野豆腐になるには、精神を凍らせなければならない。


パートの女性社員の集団が怖い。
自身も立派なおばさんなのだが、幼少時より集団生活
馴染めない。
まして、正社員としてリーダーシップを発揮せざるをえない
立場になる。
私の辞書に「リーダーシップ」という言葉はない。


業務内容に興味を持てない。
場合によっては、来客交渉も視野に入れなければならない。
私は、人見知りで口下手で不器用で要領が悪い。


週半分の集団作業では、休憩をはさんで8時間、
同じ場所に起立していなければならない。
繁忙期には、早朝出勤と残業がある。
それに耐えられる体力は、たぶん無い。
腰痛持ちのデカい女(170cm強)には、周囲の人より
10cmは身長が高い故に辛い姿勢となる。



以上が表向きに挙げた理由だった。

だが、私にはもう一つ知られたくない理由があった。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます