FC2ブログ

雇用保険

再就職支援セミナーを受講した後、就活には情報の入手
不可欠だと思い知った私は、パソコンとプリンタを買い替える
ことにした。

それまで使用していたパソコンとプリンタは、11年前に
パソコン教室に通い始めた際に購入したものだったから、
メモリも少なく動作も遅かった。

そろそろ買い替えを検討していたから、ちょうど良い機会
だと思った。




退職から約1ヶ月後、離職票が届いた。
ハローワークに求職の手続きに赴いた。

ハローワークには、総務部に在籍していた際、
書類の申請に毎月訪れていた。
私が書類申請をする窓口に行くには、求職者窓口の
横をすり抜けて階段を上がらなければならなかった。

毎月、混雑している求職者窓口の様子を見ながら、
私もいつかこの中の一人になるかもしれないという、
漠然とした予感を覚えていた。
予感は当たってしまったなあ。



雇用保険の失業給付申請の際、私の離職理由を
確認していた職員から質問を受けた。

「失礼ですが、うつ病で療養しているのですか。」
私は否定した。
「離職に際して、何らかの精神上の問題を抱えて
いたのですか。」

私は肯定し、短く説明した。

 
職員の説明によると、医師の証明書が必要だが、
うつ病で離職した場合は、受給期間が延長される。

精神上の理由で離職した場合は、受給期間は
延長されないが、待機期間なしですぐ受給できる
とのことだった。


医師に確認の連絡をしたら、現在は「うつ病」では
ないからその証明はできない。

しかし、精神上の理由で退職に至ったことは明らか
なので、その証明書は発行可能ということだった。


かくして私は、「自己都合退職」で本来なら3ヶ月の
待機期間があるにもかかわらず、失業保険金を
すぐ受給することができた。

待機期間がなくなっても、受給総額には変動がない。
受給期間が終わらないうちに、なるべく早く再就職
したいと切に願っていた。





スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます