FC2ブログ

通学生

8月下旬、求職者支援訓練を受講するための
試験を受けて、無事合格した。

私は、9月中旬から翌年1月中旬までの4ヶ月間
限りの通学生となった。

支援訓練の教室までは、公共交通機関で一区間、
自宅からは歩いて約30分と割と近かった。

無職であるからには、出来るだけ無駄な出費は
抑えなければならない。

私は、交通費の節約と運動不足解消を兼ねて
毎朝夕、合わせて1時間かけて歩いて通学した。




支援訓練のクラスメイトは11人と少なかった。
男性4人と女性7人。

20代から50代まで世代はバラバラだった。
私より年上の女性が3人いて、少し安心した。

一番若い人は、私と同じ干支で二回り(24歳)
年下の男性だった。

4ヶ月間、数回の席替えが行われたが
私は偶然にもずっと同じ席を確保した。
(中央よりやや左の最前列)

このことは幸運だったと後々、気が付いた。
聴覚による理解が遅い私は、最前列で
板書と講義に集中できたからだ。


最初のうちは、約30年ぶりの学校生活に
なかなか慣れなくて辛かった。

世の子供たちは毎日ずっと授業を受けている。
それだけで、とても偉い仕事をこなしていると
改めて思った。



慣れてくると、この束の間の学生生活が
とても楽しいものに変わっていった。

年齢がバラバラなクラスメイトとの交流や、
ディスカッションも有意義なものだった。

何より簿記の先生がかなり個性的で、
バイタリティーあふれる女性だった。

私は彼ら彼女らから、いろいろなことを
学んで吸収できたと思っている。


真面目に通学し、勉学に励んだ。
就活期間を通して、一番充実した日々
だった。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます