FC2ブログ

超低空飛行

3年前の6月末、私は転職先のNPO法人を退職した。

アルバイト期間を含めても、わずか3ヶ月半の在職だった。


退職願を書いたのだから、形式的には自己都合退職だ。


実際は解雇を通告されて、それを撤回してもらうために

軽率にも精神科通院歴をオープンにしてしまった。


その結果、「精神障碍者としてなら雇用してもよい。」という

「おためごかし」を言われ、より傷口を深くしただけだった。


法人は私を精神障碍者に仕立て上げて、国に就労支援費

を請求し、私を低賃金で働かせるという一挙両得を狙った。


「正職員としての技量もなく、精神不安定な中年女の面倒を

見てやる。」という親切心をちらつかせて、実は法人の利益を

周到に計算していた。


私は軽はずみな行為に走った自分の甘さに、猛烈な自己嫌悪

を抱いていた。


四半世紀以上会社員として勤め、資格取得などの自己研鑚に

励んだ日々によって、わずかに培われた自己肯定感は粉々に

吹き飛んでしまった。



退職の翌日、役所に年金などの手続きに行ったついでに

保健福祉課に相談してみた。


案内された病院リストの中から、いくつかの病院の

住所と電話番号をメモして、問い合わせることにした。


混んでいてなかなか予約が取れなかったが、

数件目にしてやっと受診の目途がついた。


私は通院している病院に転院したい旨を伝え、

紹介状を書いてもらうことにした。


発達障碍者に該当するのかしないのか、

今度こそ明確にしなければ、一歩も前に

進めない。


このうつうつとした気分を抱えたまま、

ふらふらして何かにぶつかったら、

一気に崩壊するような予感がした。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます