FC2ブログ

入院準備

入院することが決まってから、書類選考の結果待ちを

していた応募先より、面接したい旨の連絡が入った。

事情を話して丁重にお断りした。

残念だったが仕方がない。




私は運動神経と体力には全く自信がなかったが、

特に虚弱体質というわけでもなく、49歳になるまで

一度も入院の経験がなかった。

それはそれで、幸福なことだったのだと気付いた。

流行病と貧血と腰痛、そして精神面では、度々病院の

お世話になっていたが、入院する程度ではなかった。


ついでに言えば、生まれた時でさえ入院していなかった。

私は実家で、お産婆(助産師)さんに取り上げられた

赤ん坊だった。

私には発達障害の傾向が見受けられると、初めて

母に告げたとき、かなり驚いていたようだ。

予定日より早く生まれて、少し小さめ(2800g)だが

至って正常な分娩だったと言っていた。




入院するに当たって、準備しなければならない

ことはたくさんあった。


術前説明の際は、家族同伴でなくてはならない。

手術の同意書に判をもらわなければならない。

70歳を過ぎた母に、何度も足を運んでもらうのは

忍びないけれど頼むしかない。


高額療養費制度の申請をした。

前年の所得も少なかったし、長年勤務した企業の

退職理由も、精神的に致し方なかったとの医師の

証明があったので、医療費支払額の上限は最低

レベルになることが認められた。


生命保険会社に連絡して、入院保険金の請求書類

を用意してもらった。


気がかりは同居犬の預け先だが、事情があって

実家と妹宅には頼めない。

以前、旅行の際に利用した業者さんに頼むこと

にした。

飼育管理士の資格を持っている業者さんだから

もし具合が悪くなったとしても、動物病院に

連れて行ってくれるだろう。


その他もろもろ用意するものや、連絡すること、

済ませておくことがあった。

おひとりさまが入院するということは、結構

面倒な作業をこなさなければならないのだと

実感した。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます