女性としての適職とは?

新卒で就職してしばらく経った頃、上司から

「女の子は結婚すれば楽だからいいよな。」と

言われました。


私はこの言い方に微かな反発を抱きながらも、

明確な言葉にできなくて、聞き流しました。


あれから30年以上の時間が流れて、女性の

社会進出が目覚しく見える現代でも、男性の

意識の中には、似たような感情があるのでは

ないかと思います。


誤解しないでいただきたいのですが、私は

「ジェンダー」に関して特別な考えがある訳

ではありません。



それからしばらくして、実家に帰省した際に

職場の愚痴を呟いていたら、祖母が突然

「そんなに嫌なら、結婚すればいいさ!」と

ばっさりと言い捨てました。


祖母がいなくなってから、母が私に言いました。


「結婚して楽になるなんて思わない方が

いいよ。結婚は新たな戦いの始まりだから。

仕事をするのも、結婚するのも大変だってこと。」


母は姑(祖母)の意見を明確に否定しました。

私は「なるほどな。」と思いました。


母は芯があるというか、ぶれない自分の考えを

持っている人です。



私はというと、10代に入った頃から自分は生涯

独身で過ごすだろうという予感がありました。


自己肯定感が低かった私は、家庭を持つことに

消極的でした。

取り越し苦労ですが、自分に似た子どもが

生まれたら可哀想だと思っていました。


何より家事・育児・近所や親戚との付き合い

など、家庭生活に関わることすべてに自信が

ありませんでした。


それ以前に、私を理解してくれる人がいる

とは思えませんでした。


既に強迫性障害を発症していた私は、

きっと配偶者を巻き込んでしまうに違い

ないと思い込んでいました。



それとは矛盾しますが最大の親孝行は、

孫の顔を見せてあげることだと考えて

いたので、自分は親不孝者だという

負い目がありました。


(幸い、孫の顔は妹が見せてくれたので

私は妹にとても感謝しています。)



何だかまとまりのない文章になってしまいました。


結局のところ、私は不安が強すぎて結婚から

敵前逃亡した人間です。

胸を張って「おひとりさま」を標榜できる器では

ありません。



離れて暮らす両親やきょうだいは心の支えでは

あるものの、一人暮らし(+犬)に慣れきって

しまった現在では、誰かと一緒に暮らしたいとは

思いません。



しかし自分の人生に対する責任は、自分で取る

覚悟を忘れてはいけないと考えています。










スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

適職とは何ぞや?

先日、キャリアカウンセラーさんと面談した際、

「適職」のことが話題になりました。


新卒後、同一企業に長期間勤めて、事務部門

(経理事務・総務事務・営業事務)ばかり担当

してきました。


職場ではそこそこ評価してもらえたので、「事務」

が適職だと思い込んでいました。



その企業を退職後、自治体の就職支援機関で

PCによる「就職力バランス診断」を受けた際も、

適職は「経理・財務」、「人事・総務」、「事務・受付」

と表示されました。


その際の相談員さんも、キャリアカウンセラーさんも、

経験から適職は「事務系」だと疑うことなく、指導して

くださったのでした。



しかし「事務系」での再就職を志した私は、6度も

連続して転職に失敗し、その挫折経験がトラウマ

になってしまいました。


私はことごとく周囲の人を苛立たせ、怒らせて

しまい、注意・叱責・罵倒を受けた後、早々に

職場を去りました。


二度と同じ経験をしたくないので、「社会的

適応性を知る検査」を受けたいと主治医に

懇願しました。



話は戻りますが、面談で「事務系の職種は、

本当は苦手な分野だったかもしれない。」と、

キャリアカウンセラーさんに指摘されました。



そういえば、人事異動の度に私が一番苦しんだ

のが、「仕事を覚えるのに人より時間がかかる」

ことでした。


そのため、「仕事を覚えることに集中しすぎて、

周囲の状況に注意できず、逆に周囲の状況に

とらわれすぎると、仕事に集中できない。」の

繰り返しでした。



最初に立ちはだかる高い壁を何とか乗り越え

られたら、その後は割とスムーズにいきました。



一体全体、私の「適性・適職」とは何ぞや?

今更ながら、疑問が浮かびます。


その答は、今回受けた5種類の検査結果が

示してくれるのだろうと期待しています。











テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

ブログ開始から1年

このブログを始めてから、本日で丸1年が経ちました。


最初は自分史という形で、2月24日から9月8日まで

毎日投稿していました。

これも私特有の「こだわり」だったと思います。


その後は、日記や回想・願望などを思いのままに

綴ってきました。



一年経って、どのくらい前に進めたのでしょうか。


相変わらず小心者で、日々の些細なことに心を

揺らしながら、それでも晩成(遅く出来あがること)を

夢見て生きています。



最近知ったことですが、「発達心理学」という心理学

の一分野があるそうです。

端的に言えば、「人間は生涯を通じて発達していく」

らしいです。



もちろん、ブログを始めた当初はこのようなことを

意識していた訳ではありません。


ただ精神的に幼い自分が、少しでも成長できれば

いいなと思ったことを、率直にブログのタイトルに

しただけでした。



偶然にも微妙なニュアンスで、似ているように

感じてしまうのは、自己満足にすぎないのかも

しれません。



それまで、すりガラスを通してぼんやりとしか

見えていなかった自分の人生が、文章にする

ことで、はっきりとした輪郭を伴って認識でき

そうな予感があります。



その結果、「社会的存在としての私とは何か」

ということを突き止めたくなりました。

これも一つのことを探求したいという「こだわり

だと思います。



これからも森羅万象の視点からみれば、本当に

細かいことに一喜一憂しながら、煩悩に右往左往

しつつも、なるべく気楽に生きていける道を探して

いくつもりです。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

花と緑に癒される

一人暮らしの私は、スーパーやショッピングモールへ

頻繁に食料品などの買い物に出掛けます。


野菜などは丸ごと買っても食べ切れないので、

どうしてもちょこちょこ買いになってしまいます。



スーパーやショッピングモールには、買い物の

他にちょっとした楽しみがあります。


それは、生花コーナーで花や鉢植えを眺める

ことです。


特にこの時期は、モノトーンの景色に飽き飽き

しているので、カラフルな花や葉を観ると心が

安らぐ感覚があります。


私の場合、花を愛でるだけで買い求めることは

ありません。

残念ながら、花でお腹は膨れません。
(急に所帯染みた現実に戻ります)



農家に生まれたにも関わらず、私は

植物を育てる才能がないと思われます。



以前住んでいたアパートで、カランコエの

鉢植えを育てていました。

成長したので、大きめの鉢に植え替えて

花が咲くのを楽しんでいました。



しかし正月休みに帰省すると、鉢植えは

生気を失っていました。


防寒の覆いは施しておいたものの、

やはり寒さにやられたようで、それきり

だめになりました。



現在のアパートに引っ越した際も、観葉植物を

2種類、買い求めました。


室内は特に暗くはないのですが、窓の向きから

日光があまり当たらないため、どんどん痩せて

いきました。


それ以来、自宅に植物を置くことは諦めています。



現在は人とあまり関わらない生活をしているので、

「綺麗なもの」を観るために、公共の場所に出掛ける

のも良い刺激になっていると感じています。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

ざわざわ感に震える

2月中にやらなければいけない重要なことが、2つあります。

もともと日数が少ない月だから、あと1週間以内です。



1つ目は、がん検診

前回受けたのは、2年以上前でした。


母が胃がんの手術をした年齢と、ほぼ同じになった私。

検査は何度も経験しているけれど、毎回どきどき緊張

連続です。



2つ目は、私自身の「社会的適応性を知る検査」(5種類)が

すべて終了します。


自分から願い出たことであり、検査結果が出るまで時間が

かかりますが、検査すること自体が初めてなので緊張して

います。


自分を良く見せようとは思わずに、自然体で臨めばいい。

その方がより本当の自分を反映してくれるはずだから。


果たして私の実態は如何なるものか?

検査さえ終えてしまえば、ひたすら結果を待つのみです。


じたばたしたって仕方がない。

検査結果を受け入れて、今後の方針を決めます。



非日常的なことに対峙するとき、必要以上に緊張

不安を感じてしまう小心者の私。

長いこと生きてるんだから、少しはおおらかに構え

なさいよ!



今日の天気は、私の心模様を映したかのように、

時折雪を伴った強い風が吹きつけたり、止んだり

の繰り返しです。


北国の春はまだまだ遠いのでした。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

ロングスリーパー

2月も半ばを過ぎて、日が長くなってきたと感じます。

春が近づいてくると、「春眠暁を覚えず」のことわざの

ように、なかなか眠気が抜けなくなります。


横になっていると、背中に同居犬が体をくっつけてきて、

それがまるで「天然湯たんぽ」のような感覚で、気持ち

良くて、ついうとうとしてしまいます。



睡眠時間は個人によって差があり、短い睡眠時間でも

大丈夫な人がいると聞いたことがあります。


私は逆で、睡眠時間を長く確保しないと疲れが取れない

体質だと感じています。



毎晩必ず1、2度は目が覚めます。

水分を控えても、必ずトイレに行きたくなるからです。

朝まで一度も目覚めないまま、眠った記憶がありません。



最近、ありえない設定の嫌な夢をよく見ます。


例えば、二人の息子がいる従姉妹がよく登場する

のですが、何故か三人姉妹がいるシングルマザーと

いう設定になっています。


現実の従姉妹はシングルマザーではないし、娘も

いないし、私と仲が悪い訳でもありません。



また、学生時代の知人と社会人になってからの知人

のように、まったく接点がない人物がごちゃまぜに

なって登場します。



そのような夢を見たときは、たいてい寝汗をかいて

嫌な余韻とともに目覚めます。



楽しい夢を見ているときもありますが、あまり

記憶に残っていません。



夢が精神状態と何らかの関係があるとしたら、

この設定がめちゃくちゃな夢は、何を意味して

いるのでしょうか?



出来るなら嫌な夢は見ずに、途中で覚醒せずに

朝までぐっすり眠りたいものです。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

通院途中で

昨日は、クリニックへの通院日でした。

通院途中の交通機関の中で、ある言葉を

ふと思い出しました。


以前、友人が私を励ますつもりで言っていた

「みんな勝手に生きている。」


転職の失敗を繰り返す私を元気づけようと、

「そんなに周囲のことを気にしないで、

もっと堂々としていればいいんだよ。」と

いう意味だったのだろうと思います。



改めて考えてみると、私は周囲のことを

気にしているようで気にしていませんでした。


正確に言うと、気にしている余裕などなかった

のです。



新しい職場と仕事に慣れる努力をすることで

手一杯で、周囲の状況にまで注意が行き届き

ませんでした。


その結果、気配りや協調性がないと判断され、

更に仕事を覚えるのが遅いから能力がないと

みなされ、自己主張が下手だから気持ちを

うまく伝えられずに、お払い箱になりました。



世の中、余程の曲論でない限り、先に強く

主張したほうが支持されるのかもしれないと、

思いました。


会社員時代、推測で決めつける人がいました。

私がいくら否定して、事実を告げたとしても

周囲の見方は覆りませんでした。


社内では私の方が下の立場でした。


自分より有力な人が、先に声高に主張すれば

それが真実と受け止められるという、閉塞感に

打ちのめされました。



それから連続して、うつ病を発症した時期の

精神状態を思い出しました。

もう10年以上も前の出来事です。



私は短い時間の中で、一つの事柄から派生した

複数の記憶の亡霊に支配されて、また不安

おののいてしまいました。



「いい加減、出現するのを止めてよ!」と、

脳に命令したい。

このような細かいことを、数珠つなぎに思い出す

から、なかなか前に進めないんだよ!



今の私には、古傷を乗り越えるための強い

自己暗示(思い込み)が必要かもしれません。


もしくは、物事を悲観的に見てしまう「認知

歪み」(?)を、根本的に修正するしか方法は

ないのだと思います。











テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

全身凝っていた

本日は、ほぼ1年振りに整体に行ってきました。

電子マネーのポイントがたまって、それで代金を

支払うことが出来ました。


全身をほぐしてもらって、気分は極楽です。

「凝りすぎですよ。」と整体師さんに言われました。


あまり間を置かずに通いたい気持ちはあるものの、

現在の経済状況を考えると、次回はいつになるやら

予測できません。



中学生で椎間板性腰痛症を発症して、高校で再発して、

社会人になってから椎間板ヘルニアを患いました。


整形外科のリハビリやマッサージには、度々お世話に

なりました。

腰痛は持病のようなものです。



30代半ば頃から整体に定期的に通っていました。

首こり・肩こり・背中こり・腰痛など全身、凝って

いました。


首こり・肩こりがひどくなると、後頭部と首の境目が

ズキンズキンと脈打つように痛み、鎮痛薬を飲む

羽目になりました。



会社員時代は経済的にゆとりがあったから、整体

にも通うことができたけれど、現在は市販の鎮痛

消炎ローションやゲルを塗ってごまかしています。


皮膚に貼るタイプの鎮痛消炎剤は、すぐ痒くなって

しまうので使えません。



先日、友人が五十肩がひどくて着替えも辛くなり、

整形外科に通院していると言っていました。


私はそこまでひどくなったことはありませんが、

そのような事態も有りうる年齢になったのだと

覚悟しておいた方が良さそうです。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

理想の職場

キャリアカウンセラーさんとの約束もあって

(約束しなくても自発的にしなければいけないけれど)、

定期的に求人情報を検索しています。


果たして50代に突入した私に適した職場は、

あるのでしょうか?


最後に外で働いていたのは、1年半以上前の

アルバイト(パートタイム)でした。


これだけブランクがあると、体力的にも

フルタイムでの勤務は難しいと思います。


出来れば電話応対・来客応対・雑音などの

刺激が少ない環境で、一人黙々として

一つのことをコツコツ仕上げていくような

仕事がしたいのですが、そのような職種が

あるのかは疑問です。


共同作業とマルチタスク、臨機応変を要求

される仕事は、人の三倍くらいの時間を

かけて苦労して覚えてきました。


年齢とブランクを考えると、現在ではもっと

時間がかかるでしょう。


仕事を覚えるまでに、人間関係が悪化して

しまうパターンを繰り返してきました。


本当はもう傷つけ、傷つきたくないのです。

でも、社会とは繋がっていたいし、できれば

安定した収入を得たいのです。


いつ終わるとも知れない葛藤は続きます。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

心惹かれる

幼少期の私は、絵本や図鑑などが大好きでした。

絵心はまったくありませんが、カラフルなものや

いろいろな形をしたものを見てわくわくしていました。



大人になってから、好奇心をくすぐられる意外な

ものを見つけました。

最近は使う人も少なくなりつつあるのかなと思われる

「電話帳(職業別タウンページ)」です。



広告のデザインやバランス、大きさ等が千差万別で

見ていて飽きないのです。


主張しているポイントの相違を比較したり、難読漢字

にはルビが振ってあったり、空いているスペースには

「生活の知恵」が記載されていたりと、至れり尽くせり

感があります。



たまに不安うつ状態に陥ったときに、気を紛らわせる

ために眺めています。

気になった広告について、勝手な想像を膨らませていると

いつの間にか落ち着いています。



社会にはたくさんの職業や公共機関があって、私たちの

生活が成り立っているのだなと改めて感心します。


電話帳を見ていると、不思議なもので疎外感

薄らいできます。



こんなことを考えている人間は、もしかして私だけ

かもしれませんが、誰に迷惑をかけることもないし、

自分が楽しければそれで良いのだと、割り切って

います。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

何となく、すぐれない

私は本年52歳(女性)なので、更年期に属する年代です。

当然、「更年期障害」と呼ばれる症状は出現しています。


代表的な症状は、冷え性・肩こり・頭痛・めまい・発汗・

不安・神経質・うつ状態ですが、私は思春期を迎えた

中学生頃から、これらの症状が続いています。


更年期になったからといって、特に症状が悪化した

訳でもなく、強いて言えばのぼせによる発汗の量が

増えた程度です。



そもそも物心ついてから現在に至るまで、「元気に

満ち溢れている」といった記憶がありません。


どこか悪い訳でもないのに、いつも体がだるい感じが

抜けず、容易に疲れます。



幼少期から手足が冷たく、極端な寒がりでした。

しもやけとあかぎれに悩まされる冬は、冬眠したい

と思っていました。


かといって暑さに強いということもなく、汗をかき

出したら、全身から水滴のように流れ出ます。

それでいて冷房は、冷えすぎて辛かったりします。



一時期、漢方薬や女性用保健薬を飲用して

改善を試みましたが、これといった効果は得られ

ませんでした。


食欲は人並みにあり、好き嫌いもありません。
(少女期は弟と競争して食べるほど、旺盛でした)


推測にすぎませんが、日本人女性にしては

大柄な体格を維持するためにだけ、摂取した

栄養が使われて、肝心なところに行き渡って

いないのかもしれません。



身体共に面倒くさい人間ですが、私は私でしか

ないので、何とかなだめすかして生きていきます。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

執着気質・体質

半世紀以上生きてきて、つくづく思うことがあります。

私は心身共に、とても物事に執着しやすいようです。



まずは心の方ですが、幼少期から強く印象に残った

出来事は画像付きで記憶しています。


喜怒哀楽さまざまありますが、特に「怒」と「哀」の

記憶は強烈で、しばしば予期せぬ再生を始めて

自身を不安定にさせます。


完璧な人間が存在しないと同じように、一度も

波風が立たない家庭も、行き違いがない人間

関係も存在しません。


もう過去のことだから、そうそう思い出す必要も

ないのに、コントロールできません。



そして身体の方ですが、私は俗に言う「ケロイド体質」で

水疱瘡や火傷、転倒した際の傷痕などが多く残っています。


一番ひどいのは、結核予防のためのBCG痕です。

乳児期にBCGの接種を受けました。

接種したのは高齢の医師だったそうです。


同級生や弟妹のBCG痕を見ると、左上腕の肩近くに

横に二つ並んで、小さな丸い斑点がある程度でした。


ところが、私のそれは左上腕中央部に、縦に二つ

大きく隆起していて、まるで火傷の痕のような形状を

しています。


実際、私の腕の痕を初めて見た人に「火傷の痕、

痛かったでしょう?」とか、少女期はよく聞かれた

ものです。


半袖の衣服を着ると目立つので、ちょっとだけ

コンプレックスがありました。

いちいち真相を説明するのも、面倒でした。



そうこうしているうちに、人生も後半に突入して

しまいました。

現在では思うに任せぬ心も身体も、掛け替えの

ない戦友だと感じています。










テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ