卒業の春

本日は通院日でした。

クリニックに向かう途中、卒業式帰りと思われる

はかま姿の女性2人とすれ違いました。


その若く艶やかな姿が印象的で、一瞬振り返って

後ろ姿を見送りました。

雪がはらりと舞い降りる寒さと少し強い風の中で、

それに負けないくらい輝いて見えました。


現代は、和服も袴もいろいろなバリエーションが

あり、サイズの取り揃えも幅広いのでしょう。

華やかで羨ましいなと思いました。



ずいぶんと前の話ですが、短大の卒業式に、

私もはかま姿で出席しました。


しかし大柄(170cm強)な私には和服の袖が

短くて、肘を曲げてごまかしていました。

確か矢がすり模様の和服でした。



それから社会に出て32年が経ちました。

すっかりおばさんになった私は、あの頃

よりずっと人生に疲れてしまいました。


当たり前ですが、社会に出てからの方が

辛くて苦しいことが多かったなとつくづく

感じています。



診察で、近頃気分の変調が激しいことを

訴えたら、薬が1種類追加になりました。

心の中で、ため息をつきました。


「私も薬から卒業したい!」と思っても、

いつになるやら想像も出来ません。


怖いもの見たさで服用を止めたらどうなるか、

観察したい気持ちもあるのですが、結局

自分を追い詰めるだけなので実行しません。


13年近く精神科の薬を服用し続けているの

だから、きっと離脱症状が出るでしょう。


万が一、何の罪もない同居犬をネグレクトして

しまったら可哀想だし、同じアパートの住人に

迷惑をかけてしまったら申し訳ないし・・・。


先月受けた社会的適応性を知るための検査

(5種類)の結果が早く出ないかなと、

ひたすら願ってしまうこの頃です。










スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ