まさに自縄自縛

昨日はキャリアカウンセラーさんのもとへ、

検査結果の報告と今後の相談をするために

出かけました。


しとしと、雨が降る寒い一日でした。

このところ、クリニックや相談に行く日は

悪天候が続いています。


普段は家に居て楽をしているので、たまには

自然の厳しさを肌で感じるのも悪いものでは

ありません。


キャリアカウンセラーさんとの相談については、

また後日詳しく綴りたいと思います。






「社会的適応性を知る検査結果」の検証の最後です。

本日は「SCT検査」について、考察してみます。

以下のサイトを参考にさせていただきました。

http://www.chibatc.co.jp/cgi/web/index.cgi?c=catalogue-zoom&pk=7



この検査は、簡単に言うと作文を書くものでした。


ただし文頭の語句(「私はよく~」など)が、あらかじめ

設定されています。

文頭に合わせて、心に浮かんだことを書き続けて

いきます。



私の内面がむきだしになる結果となりました。


● 冷静によく考える

● 「~しなければならない」という気持ちが強い

● 失敗が多いと気に病み、自己肯定感が低い

● 気配り等が出来ていないと感じている

● 対人不安緊張が強い

● 気を使いすぎて、自己主張ができない

● 人中で疲労しやすく、人間関係を避けたい

● 過去の経験の影響で、対人面に苦手意識がある



まさに「自縄自縛」そのものです。

身動きできないのは、自分のせい。


理屈ではわかっているのです。

森羅万象は変化し続けていて、完結すること

など有りえないということ。


「ほどほど」にしたくても、無意識

そうしたくない自分。


そして「トラウマ」が強すぎる。

「トラウマ」の記憶をすべて壺に入れて

地中深く埋めて、掘り出せなくなればいい。


社交不安障害強迫性障害から、自由に

なりたいと切に願うばかりです。


自分を解放する手段を探索しています。







スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ