思いがけない提案

「社会的適応性を知る検査」の結果について、

種類ごとに検証してきました。



臨床心理士さんは、総括として次のようなことを

挙げていました。

● 抑うつ・劣等感の強さと対人不信

● 人間関係における不安緊張が高い

● 論理的・内省的で考えすぎる傾向


私の本質を見抜いています。
さすがです。


そして「苦手なところだけにとらわれず、

もっと自信を持っても大丈夫です。」という

ような意味合いの言葉をかけてくれました。



主治医の診察の際に、「もし発達障害と診断

された場合は、障害者手帳を申請して、障害者

枠での就労も選択肢に入れていました。」と

伝えました。


すると主治医から、障害者枠で就労するので

あれば「うつ病」での診断書作成が可能で、

おそらく障害3級として認められるだろうとの

見解が示されました。


私は想定外の提案に驚いてしまいました。

自分のうつ状態が、障害と認められるほど

深刻なものだとの実感がなかったからです。





長期間勤めた企業を退職する際には、違う

クリニックに通っていました。


前の主治医が、私の退職理由には精神的に

やむをえない事情があるとの証明書を発行

してくれたので、3ヶ月待機することなく直ぐに

失業給付を受給できたのでした。


しかし、あくまでも「うつ状態」であって「うつ病」

とは認められないので、失業給付の期間延長を

申請することはありませんでした。





あれから5年の月日が経って、私の精神状態は

悪化したのでしょうか。


幼少期から情緒不安定な傾向がありましたが、

うつ病から復職できました。


再就職に向けての資格取得のための勉強も、

就活も続けてきました。


転職での挫折経験を、ある程度は乗り越えた

つもりだったけれど、まだまだ引きずっている

ようです。



これからどうしよう。

考えすぎないように、ほどほどに考えます。










スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ