FC2ブログ

ひきこもり指向性

「ひきこもり」という言葉はずっと前からあったけれど、
今年になってから「青少年のひきこもり」から「大人の
ひきこもり」、そして「ひきこもりの長期化」が耳目を
集めるようになった。


「青少年のひきこもり」が長期化すると「大人のひきこもり」に
なり、ひいては「7040問題」とか「8050問題」と言われるように
高齢になった親とひきこもる子との共倒れが心配される事態と
なる。


そうなるとひきこもる子のきょうだいや親戚にも影響が及ぶ
と推測され、避けては通れない社会的な問題だ。


ひきこもる人を非難するのは簡単だけれど、何の解決にも
ならない。


家族間の感情の行き違いも多いのではないか。
親きょうだいとはいえ、それぞれ別の人格だ。


どうしても合わない部分が出てくるのは仕方がないけれど、
努力して妥協点を見つけてほしい。


ひきこもりになりたくてなった人などいないと思う。
ひきこもっている状態は同じでも、原因はさまざまだ。


なかでも人間関係に疲弊してしまった人が多いように
考える。



仮に同年代で同じような家庭環境で育ち、同じような
社会的環境に身を置いている人が二人いるとする。


その二人にほぼ同時期に、ひきこもりの原因となり得る
事態が起きてしまったとしたら・・・。


結果、二人のうち一人だけがひきこもってしまった。
どうかひきこもってしまった人を責めないでほしい。
もう一人と比べないでほしい。



もし「ひきこもり指向性」という言葉があるとしたら、
私はひきこもり指向性が強い人間だと思う。


3歳の春に入れられた保育園から隙を見て脱走し、
歩いて自宅に帰った。
そのまま5歳になるまで自宅で過ごした。


5歳になるまでの記憶ははっきりしない。
しばらくして弟が生まれ、平穏な日々だったと思う。


5歳になって義務として登園するも、馴染めずに
場面緘黙だった。


脱走当時、家庭(両親と祖母)と保育園との間で
どのような話がされたかは知らない。


― これは想像に過ぎないのだが ―
幼児は往々にして自己中心的だから、また脱走を
企てるかもしれない。
そうなると責任の所在はどうなるのか。


― あのとき保育園に戻されていたら ―
私自身もわからない。
また脱走を試みるかもしれないし、諦めたかもしれない。



私見だが、生来の気質を自分の意思でコントロールするのは
相当難しいのではないか。


私がひきこもりになった可能性、これからなる可能性、
どちらも否定できない。


昨年2月に運良く就職できたからよいものの無職の
生活が続いた場合、いつか蓄えが尽き果て同居犬
に既に先立たれたいま、心が折れていただろう。


明日、何が起きるかわからない。
ひきこもりは決して他人事ではない。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

過去と現在と未来

8月はお盆と終戦の日が重なることで、「鎮魂の月」と
いう印象が歳を重ねるごとに深くなってきた。


成人になるまでは、自分が生まれる前の遠い昔の
出来事や名前しか知らない先祖の話くらいにしか
捉えていなかったように思う。


それより夏休みという規定により、堂々と集団生活から
一時的に離脱できることの方が嬉しかった。



成人して就職して、いろいろあって中高年になった。
その間に、親族や周囲の人の葬儀に度々参列した。


故人の生き様が明らかにされ、私が知らない故人の
横顔を垣間見たとき、人生の奥深さを学んだ気がする。


平成の時代、戦争がなくて本当に良かったと思う。
戦中から戦後かけて、両親は幼少期を過ごした。
そのときの困難の記憶は、いまもなお鮮明だと言う。


戦争は一般庶民を加害者にも被害者にも変える。
個人とその家族の人生を狂わせてしまう。


現在も世界のあちこちで紛争が起きている。
そう簡単にはいかないと思うが、できるだけ
早期の終結を願わずにはいられない。


これから未来を創っていく人々が、しがらみから
解放されてなるべく自由に生きていけますように。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

六割以上

連日の猛暑は週の後半から小休止した。
降雨により湿度は高いままだが、気温が低くなって
身体はいくらか楽になった。


昨日は押し寄せる疲れに負けて、眠ってばかりいた。
今日は眼の検診に外出したが、盆休みで休診だった。

事前に確認すればよかったと嘆いたが、来週に延ばす
しかない。


せっかく出てきたのだからと思い直し、整体に行くことにした。
予約なしだったが、幸い待ち時間は短かった。

美容院も整体院も、プロに施術してもらうと気分は極楽だ。
シャンプーもマッサージも自分ですると味気ないばかり。
たまにしかできない贅沢に身体の凝りもほどけていく。


それから保護猫を見に行った。
今日で3度目になる。

妹の家にはマンチカンの雌猫がいる。
キュートな美猫で、毛の模様が側面から見ると
ハート型に似ている。

洋猫も可愛いけれど、日本猫の雑種だって
負けてはいない。

要するに私は犬でも猫でも可愛ければ
何でもよいのだ。

そしてしみじみ亡き同居犬を偲ぶ。
帰らぬ日々の坂は越えたけれど、
ときどき振り返ってもいいよね。



高卒後、親元を離れて36年が過ぎた。
短大時代は下宿生だったが、就職してからは
一人暮らしを続けている。

正確に言えば妹と短期間同居していたし、二度の
うつ病で休職した合計9ヶ月間は帰省していたから、
人生の六割以上ということになる。

このままいけば、その割合はもっと高くなる。



昨年2月に現在の職に就き、おかげさまで
穏やかに働き続けている。

昨年の晩秋、母がふと漏らした一言。
「あんたがもし一週間か十日間も休みがあって、
ずっとこっち(実家)にいるとしたら、私も疲れるわ。」

6年近く職が定まらなかった娘が、やっと落ち着いた
から出てしまった本音だと思う。

70代の母と50代の娘。

長く離れていると、実の娘でも「親戚のような客」に
感じてしまうのかな。


私も実家にいると、日常的な強迫性障害の症状は
あまり出ない。

無意識に、実家は自分のエリアではないと線引き
しているようだ。


双方の感覚は自然なようでもあり、少し寂しいよう
でもある。


両親と共有できる時間は短くなっていく。
今度の帰省は下旬の予定だ。

後悔しないためにはどうすればよいのか。
明確な答えはまだ見つからない。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

体内年齢・体力年齢

全国的に暑い日が続いている。
夏休みの子どもたちは比較的元気に見えるけれど、
大人たちは厳しい暑さに辟易されている方も多いだろう。


私もバテている。
今週は毎夜、窓を全開にして首の後ろに冷却ジェルシートを
貼り付け、扇風機をかけて眠ろうとしたが寝つきが悪かった。

やっと眠っても途中で眼が覚めてしまう。
扇風機のタイマーが切れて、暑く感じるからだ。

いくら暑くても夜通し扇風機をかけていたら、
風邪を引いてしまうかもしれない。

それを恐れて、1時間後に切れるようにセットしている。
水分補給後、またタイマーセットして横になる。

再度、暑くて眼が覚めるの繰り返し。
睡眠不足で、胃腸の消化速度も落ちている気がする。


そして相変わらず大量の汗をかいている。
出勤するために自室を出て、ごみを出し車に乗り込む。

わずかな動作の間に、汗の滴が垂れて眼や口に入る。
汗が眼にしみるし、しょっぱさを感じる。
当然のどが渇く。


北海道の夏は短く、冬は長い。
暑いのもせいぜい8月中だけだと思う。

夏を楽しむくらいの気概を持ちたいものだ。



話は変わるが、自室にある体重計(体脂肪計)によると、
私の体内年齢は実年齢より10歳前後若く表示される。

年齢・身長・体重・筋肉・骨量・内臓脂肪・基礎代謝の
各データから計算しているらしい。

それは良いことなのだが、問題は体力年齢の方だ。
整形外科でも指摘されたが、これからは筋力が重要に
なってくる。


27歳のとき、スポーツクラブに入会した(既に退会)。
最初のテストで、体力年齢は54歳と言われた。
実年齢の倍だ。

今年その54歳になった。
果たして体力年齢はいかに。
前例に従うと108歳になってしまう。

108歳まで生存しているとは思っていないけれど、
もしそうなったとしたら自立歩行は難しいだろう。

通勤して仕事して家事をする。
とりあえず一人暮らしは成り立っている。

スポーツが苦手な私は、高望みしない。
実年齢=体力年齢の状態で結構。


しかし、何もしないと衰えるばかりだとは
理解している。

筋力増進活動は暑さに体力を奪われないよう、
もう少し涼しくなってからにしよう。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます