FC2ブログ

異様な春

相変わらず、新型コロナウイルスが猛威を振るっている。
報道を見聞きする度に不安が募り、悲観的な想像を
繰り返してしまう。


それではいけないと思いつつも、最新の情報を
取り入れておきたい欲求の方が勝る。


事態を率直に受け入れるけれども、過剰な不安による
気分の落ち込みを防ぐ手立てはないものか。


難しいなあ。
おそらく多くの人が似たような気持ちを抱いている
ことだろう。



私には二人の甥がいるが、今春下の甥が小学校を
卒業した。
卒業式は行われたが、保護者と在校生の出席は
見送られた。


卒業式が中止になった学校もあると聞いた。
全国の児童・生徒が同じような状況に置かれている。
やるせない気持ちになる。


このままだと入学式もどうなるかわからない。
保護者でもないのに、ため息が出る。



今週末は外出しなかった。
コロナウイルスの影響もあるが、左足首の
骨折をできるだけ早く治したいからだ。


炎症はかなり治まってきたが、腫れがまだ
少し残っている。
足の甲の上部を除いて、足首全体に痛みが
ある。


炎症が完全に治まるまで、医療用サポーターを
外す許可は下りないだろう。


入浴時を除いて常時装着しているから、だんだん
くたびれてきている黒いサポーター。
この頃では奇妙な愛着すら覚える。


完治の見通しは立たないけれど年齢を重ねても
痛みが出ないよう、徹底的に治しておこうと腹を
括ることにした。



人の世の異様な春に、桜は何かを感じているのだろうか。
ふと疑問に思った。




スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

不届きな私

前回の記事で、「インターネットにつながらないのは
ルーターが不安定なせいだ。」と決めつけていた。


その後もずっと接続が不安定な状態が続き、とうとう
万策尽きはてて、点検を頼むことになった。


原因はルーターではなかった。
建物屋上の保安機が外れて水没していたそうだ。


保安機は経年劣化で外れたのか、他の通信業者
もしくは管理会社から依頼された業者によって、
動かされた際に固定が緩んでしまったのか、
よくわからないけれど雪解け水に沈んでいた。


保安機がそのような状態だったら、つながる訳は
ないよね。


それなのに私は、頑張っているルーターさんに
無実の罪を着せていた。
よく確かめもしないで、ごめんなさい。



自分は小心者で慎重すぎるときがあると
思っているにもかかわらず、先日失礼な
ことをしてしまった。


骨折の治療で通院した際、何も考えず
待合室の席に座った。
隣には女性が座っていた。


待合室は空いていた。
途端に隣の女性が、少し間隔を置いて
座り直した。


はっとした。
コロナウイルスの感染について、毎日
大々的に報道されているのに、私は
簡単にルール違反を犯したのだ。


お互いマスクはしていたものの、私は
慌てて謝罪した。
女性はあっさり許してくれた。
以後、気をつけよう。



左足首を骨折してから、1ヶ月以上が経過した。
当初は3月いっぱいでの完治を目指していたが、
4月にずれ込むことが明白になった。


治療延長の原因を作ったのは、他ならぬ私自身。
3週間ぶりにギプスが取れて、羽目を外してしまったのだ。


骨が付いてギプスが取れたといっても、まだ患部は
不安定な状態で無理は禁物だった。


それなのに私は差し迫った用事が重なった休日、
公共交通機関の方が各所への移動が効率的だと
判断して、歩いてしまった。


歩調はゆっくり、途中でエレベーターやエスカレーターを
駆使すれば何とかなるとの甘い考えだった。


予想に反し、ギプスから解放されたばかりの左足首は
熱を持って内側まで土色に腫れてしまった。
炎症が悪化したのだ。


「骨折は軽症だが、炎症は重症だ。」
「早く治りたかったら、歩数は必要最少限に抑えること。」
お叱りの言葉を頂いた。


現在、左足首は医療用サポーターで固定している。
靴下の上から装着しているのだが、密閉されているため
入浴時に外すと激しいかゆみを感じる。


皮膚が傷つくので、かいてはいけないと言われている。
痛いのも辛いけれど、かゆいのも辛い。


睡眠中に無意識にかきむしらないよう、サポーターを
付けたまま寝ている。


すべて自分のせい。
自業自得なのだ。


失敗は取り消せないけれど、失敗してわかることもある。
そう思うことにしよう。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

気が進まない

今朝起きてから、私の第一声はこれだった。
「なんて気まぐれなルーターなんだ!」


昨日ずっとインターネットにつながらず、
説明書をめくりながらあっちこっち操作したが
うまくいかず、諦めて寝てしまった。


それが今朝起きて、試しにPCを起動したら
つながるではないか。


昨日の苦労は一体何だったのか。
悔しいを通り越して気が抜けた。


原因はわかっている。
ルーターが不安定なのだ。


前のPC(Windows7)を使用していたとき、
同じことが起こってプロバイダのサポート
センターに電話をかけた。


その際、「お客さまのお宅に伺うよう、
点検の手配をしたいと思います。」と
言われた。


私は慌てて「このPCはWindows10への
バージョンアップに対応していないので、
近いうちに買い換える予定です。」

「買い換えても調子が悪ければ、
そのときはお願いします。」と言って
断った。


私は自室になるべく業者を入れたくない。

賃貸物件だから管理会社の都合により、
ガスや消防設備の点検が決められてしまう。

不可避だから受け入れるしかない。

しかし自分の都合で決められる場合は、
できるだけ避ける。

宅配便を送るのはいいが、取り寄せる(通販)のは
特別な事情がない限りしない。

宅配業者が来るのがわずらわしい。
不在通知が入っていたら、大抵は営業所まで
受け取りに行く。


気にしすぎと言われればそれまでだけど、
嫌なものは嫌なのだ。


でもこの状態が何度も続けば、点検を頼むのも
やむをえない。


しかし新型コロナウイルスの影響が甚大な
現在、業者の訪問を受けるのはものすごく
気が進まない。


事態が収束するまで、だましだまし使い続けたい。
ルーターさん、どうか持ちこたえてくださいな。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

上がったり下がったり

このところ感情の起伏が激しい。
ちょっとしたことで、気分が上がったり下がったりを
繰り返している。


新型コロナウイルスの感染拡大と、それによる
影響が連日報道されているなか、誤った情報が
広がりトイレットペーパーが店から消えてしまった。


そんなとき、私は自宅の在庫を切らしかけた。
一人暮らしだから、もともと在庫は多くない。
それが裏目に出た。


スーパー、コンビニ、ドラッグストア等を数件
回ってみたが、どこも売り切れていた。


「どうしよう。」と途方に暮れていた私に、
ドラッグストアの店員さんが救いの手を
差しのべてくれた。


「トイレに流せるポケットティシュ20パック入りなら、
在庫がありますよ。」


店員さんが天使に見えた。
この際、代替品でもかまわない。
その商品を3包購入した。


帰宅後、ポケットティシュから取り出して広げ、
平らに積み重ねる作業を延々と続けた。
手間はかかったが、危機は乗り越えた。



左足首骨折のため、やむなくマイカー通勤に
切り替えたのだが、先日怖い目にあった。


帰宅途中、雪が降り続いていた。
路面にも積もっていた。


私の前を走っていた車が突然スリップして、
180度回転して反対を向いてしまった。
お互い「こんにちは」状態だ。
あわや正面衝突かと背筋が凍った。


とっさにハンドルを左に切って逃れたのだが、
その車も勢いで左車線に流れてきた。


ブレーキを踏み、サイドブレーキを引いて
すんでのところで衝突を免れた。
左車線の後続車が来なかったことが幸いした。


マイカー通勤でウイルス感染の可能性は
低くなったが、冬道の運転も油断できない。
ウイルスもスリップもどちらも怖い。



めげることばかりでもなく、嬉しいこともあった。
3週間ぶりに左足のギプスが外れたのだ。
折れた骨がくっついたらしい。


足が軽くなって本当に楽だ。

入浴するにしてもギプスが濡れないように、
大きなポリ袋で包んでからガムテープで密封し、
その上から包帯をきつめに巻いていた。


看護師さんに教わった方法だが、不器用なので
密封性が足りず、入浴後はポリ袋に少量の水が
溜まっていた。


この作業からは解放されたが、炎症を鎮めるための
塗り薬が処方されて、せっせと塗り込まなければならない。


骨はくっついたが、足首の周りは土色に腫れあがった
ままで触ると痛い。
靴下を履くときも痛いので、そろりそろりといった状態だ。


ショートブーツのファスナーも、途中までしか締まらない。
階段の昇降も、一段ずつ両足を揃えないとできない。


今月中の完治を目指して頑張ろう。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

見えない脅威

2月半ばから自身の怪我(左足首骨折)によって
バランスを崩した、仕事・通院・家事等の生活サイクルを
軌道に乗せることばかりに力を注いできた。


「骨って案外簡単に折れるんだ。時間が経てば治るさ。」と、
ようやく前向きな気持ちに切り替えることができた。


その間にも新型コロナウイルスは驚くべき勢いで
感染を拡げていき、北海道は特に感染者が多い。
とうとう知事が「非常事態宣言」を発表してしまった。


平穏な日常生活はあっという間に打ち砕かれて、
世界各地で老若男女が右往左往している。


さまざまな方面で影響が出ている。
報道を見聞きする度に、不安が高まる。


不安が高まるけれど、最新の状況を知りたい。
いや知っておかねばならない。
自分や周囲の人を守るために。


不安なのは自分だけではない。
誰もが不安なのだ。


こういうときこそ、冷静になりたい。
冷静になって、自分ができることに最善を尽くそう。
思い込むのは得意だから、そう自分に言い聞かせる。


一刻も早い終息を心から望んでいる。




テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます