FC2ブログ

包容力

私の担当カウンセラーさんは、60代の女性で

ベテランといった雰囲気を醸し出していた。


子持ちの専業主婦から社会復帰を果たし、

営業職で実績を上げて、管理職として

多くの部下をまとめていたとのこと。


「凄い人だな」と思った。

私など10人いてもかなわないほどの

実績の持ち主だ。


それでいて尊大なところなど少しも

感じさせない、気さくで包容力にあふれた

魅力的な女性だった。


彼女は、自己否定の塊と化していた私

話をじっくりと聞いてくれた。

それこそ生い立ちから失職に至るまでの

こまごまとしたことを、はしょることなく

真摯に受け止めてくれた。


そして、人は誰でも得手・不得手な面を

持っている。完璧な人などいない。

それほど自分を責める必要はないと、

繰り返し元気付けてくれた。


週一回は必ず通うようになり、私は次第に

安心感と希望を抱くようになった。


途中で臨床心理士の女性に対して、2回目の

「心の相談」をする機会があった。

初回とは打って変わって、見違えるほど元気に

なった私を見て、彼女はとても驚き喜んでくれた。


臨床心理士として私を観察してみて、

確かに発達障害の傾向は見受けられた

そうだ。

しかし、クリニックの医師が言っていたように

発達障碍者独特の雰囲気は感じられない

とのことだった。


私は、あくまでも一般の求職者として就活する

意向を新たにした。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます