FC2ブログ

記憶の洪水

カウンセラーさんから、社会人として担当してきた

「業務の棚卸し」を命じられた。

私は記入する項目の多さと、一つの部署につき

A3用紙1枚を使用するという、記述欄の大きさに

戸惑っていた。

はたして「こんなにいっぱい書くことがあるのかな。」

と思い悩んだ。


いざ作業に取り掛かると、そんな戸惑いや悩みは

吹き飛んでしまった。

私の頭の中で、過去の記憶が次々と浮かび上がり

あふれるほどの状態になってしまった。

気が付くと、用紙には鉛筆書きの小さな文字が

びっしりと詰まっていた。


営業事務(就職当時)、経理事務、総務事務、

営業事務(退職当時)、転職先(NPO法人)の

合計5枚を数日間に分けて記入していった。


しばしば記憶が鮮やかに蘇りすぎて、当時の

心情を思い起こした。

すると、さまざまな考えが浮かんでは消えて

眠れなくなることもあった。

(その分、昼寝していたので大丈夫)


自分の人生は、これまで「恥の連続だった」

卑下していたけれど、「小心者は小心者なりに

ちょこちょこと努力を続けてきたのだな。」と、

少しだけ自信を取り戻すことができた。

それだけでも、一歩前進した気分になった。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます