まさに自縄自縛

昨日はキャリアカウンセラーさんのもとへ、

検査結果の報告と今後の相談をするために

出かけました。


しとしと、雨が降る寒い一日でした。

このところ、クリニックや相談に行く日は

悪天候が続いています。


普段は家に居て楽をしているので、たまには

自然の厳しさを肌で感じるのも悪いものでは

ありません。


キャリアカウンセラーさんとの相談については、

また後日詳しく綴りたいと思います。






「社会的適応性を知る検査結果」の検証の最後です。

本日は「SCT検査」について、考察してみます。

以下のサイトを参考にさせていただきました。

http://www.chibatc.co.jp/cgi/web/index.cgi?c=catalogue-zoom&pk=7



この検査は、簡単に言うと作文を書くものでした。


ただし文頭の語句(「私はよく~」など)が、あらかじめ

設定されています。

文頭に合わせて、心に浮かんだことを書き続けて

いきます。



私の内面がむきだしになる結果となりました。


● 冷静によく考える

● 「~しなければならない」という気持ちが強い

● 失敗が多いと気に病み、自己肯定感が低い

● 気配り等が出来ていないと感じている

● 対人不安緊張が強い

● 気を使いすぎて、自己主張ができない

● 人中で疲労しやすく、人間関係を避けたい

● 過去の経験の影響で、対人面に苦手意識がある



まさに「自縄自縛」そのものです。

身動きできないのは、自分のせい。


理屈ではわかっているのです。

森羅万象は変化し続けていて、完結すること

など有りえないということ。


「ほどほど」にしたくても、無意識

そうしたくない自分。


そして「トラウマ」が強すぎる。

「トラウマ」の記憶をすべて壺に入れて

地中深く埋めて、掘り出せなくなればいい。


社交不安障害強迫性障害から、自由に

なりたいと切に願うばかりです。


自分を解放する手段を探索しています。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> 自己肯定感は他者からの承認で得られる部分と、自己承認の部分があると思うのですが、一番確実なのは他者承認。
> でも、人と関わることが苦手だとそれが難しいんですよね・・・
> いい仕事に出会えて、その中で自己肯定感が得られることを願います。

かつての私は承認欲求にかられて、ワーカホリック気味となり、自己啓発にも励みました。
それでも自己肯定感は得られず、うつ病を発症しました。
方法を間違えていたのだと、今は素直に反省しています。

これからは、無理のない方法で自己肯定感が得られるようになりたいと思います。

Re: No title

アオサギさん、コメントありがとうございます。

> 現在まで付き合ってきたご自分の傾向ですから、もう無理に変わらなくても良いような気もしますけどね。

確かに、これから変わるとなると相当な努力が必要だと思います。


> 「慣れることですよ。前向きに諦めることですよ。」

このような対処法もあるのですね。

気負うことなく進めそうな感じがします。

とても参考になりました。

おはようございます

「自縄自縛」とわかってはいても、頭では理解していても、感情はそうはいきませんよね。
自由に心のままに生きているような私でも、「せねばならない」とう考えに縛られ、身勝手な罪悪感に縛られ涙します。
これらはすべて思い込みかもしれないのに。

自己肯定感は他者からの承認で得られる部分と、自己承認の部分があると思うのですが、一番確実なのは他者承認。
でも、人と関わることが苦手だとそれが難しいんですよね・・・
いい仕事に出会えて、その中で自己肯定感が得られることを願います。

No title

>社交不安障害・強迫性障害から、自由になりたいと切に願うばかりです。自分を解放する手段を探索してます。

現在まで付き合ってきたご自分の傾向ですから、もう無理に変わらなくても良いような気もしますけどね。

以前、私の娘が強迫性障害専門のカウンセラー(自分がこの病気を持っていて、改善した人でした)に「不安なんです」と相談したら「慣れることですよ。前向きに諦めることですよ。」と言われて、一番印象に残っている言葉だとのことでした。シンプルだけど、重みがあります。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ