当りもあり、はずれもあり

自身が、ASD+SAD+OCD+うつ状態の複合体であると

思っていた私は、本年2月に正式な心理検査を受けました。



定期的に就職相談に通っているキャリアカウンセラーさんと、

友人からは「大きな社会的不適応はないと思う。」と予想され

ました。


自身の精神症状について別の友人に話したことがあり、

「そんなことないよ。気にしすぎだよ。」と言われたことも

ありました。



これらの予想は当りでもあり、はずれでもあります。



知能検査の結果、発達障害が疑われる程度の凸凹

ありましたが、他の検査結果と合わせて考えてみた

ところ、発達障害には該当しませんでした。


この点では「大きな社会的不適応」はありませんでした。



私自身は聴覚処理の遅さを自覚していたのですが、

知能検査の「作動記憶」の結果は良好でした。


個性と言える範囲の遅さだったのか、集中力の問題か、

苦手という単なる思い込みだったのかは、定かでは

ありません。




しかし、私の社会的適応性にまったく問題がなかった

訳ではありません。


微小凸凹である「処理速度の低さ」と、対人面における

著しい緊張不安・うつ症状・トラウマの強さが、適応を

阻害していました。


この点において、予想ははずれています。



長期間勤めた企業においても、人事異動後に

新しい仕事を覚えてこなせるようになるまで、

人一倍時間がかかり、周囲を困らせました。


しかし仕事を覚えてしまえば、その応用は

スムーズにできてミスも少なかったのです。

それで信用を得ることが出来ました。




転職に続けて失敗したのは、個々の場合に

より違いはありますが、ほぼ同じパターンを

繰り返したからです。



※ 転職先

・職務経歴書によると、事務のベテランだと思われる。

・社会人として、それなりの対応は出来るだろう。

・資格もあり、即戦力になりそうだ。



※ 私自身

・早く職場と仕事に慣れなければならないと焦る。

・自分の仕事に集中すると、周囲の状況がわからない。

・周囲の状況に気を取られると、仕事に集中できない。

・もともと仕事が遅いのに、ミスを怖れてより遅くなる。



そして周囲の人々が少しでも不機嫌な様子を見せると、

余計にピリピリして萎縮してしまう。



※ 転職先

→ なんでこんなに要領が悪いんだ。

→ 職歴や資格を詐称しているのか。

→ これでは使い物にならない。


というように、いつも職場と仕事に慣れるまでに

見限られてしまうのでした。



現代は、コミュニケーション力とスピードが

何より重視される社会です。


私のように「納得しないと動けない人間」は、

まどろっこしい存在なのです。


その意味で、私は大きな不適応を抱えて

います。


障害者枠での就労を検討していますが、この

弱点についてどのように捉えられるのかで、

進行方向が違ってくると考えています。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

障害者枠での就労について、情報を収集しているところです。

なるべく無理のない自然な形で進路を決めたいので、しばらく時間をかけて検討したいと思っています。


> ちなみに、私は『かなの取扱説明書』なるものを作成しました。

なるほど、この方法は画期的ですね。
口頭でうまく説明できないことでも、相手に理解してもらえそうです。

私は対人面で緊張しやすいので、とても参考になりました。

Re: No title

アオサギさん、コメントありがとうございます。

ほめていただけて、とても嬉しいです。

ここまで考察できたのも、キャリアカウンセラーさんとの相談の中で、ヒントを得ることが大きかったと思います。

キャリアカウンセラーさんは、さりげない雑談や経験談の中にも、私の本音を引き出すことや気づきを促すことが

上手にできる方です。

個人に合わせた指導力は、すごいと思います。

おはようございます

障害者枠での就労を考えてらっしゃるのですね。
ゆっくりと丁寧にコツコツできるようなお仕事とかでしょうか??
先方には面接の際、自分の凸凹をしっかりと伝えることができるといいですね(*^^*)

ちなみに、私は『かなの取扱説明書』なるものを作成しました。
1)できること、得意なこと
2)できないこと、苦手なこと
3)配慮いただきたいこと
を、自分なりに分かりやすくレイアウトして作成。

1)は自分ではわかりにくいので、周りの人に聞いてみるといいと思います。
案外気がつかなかった自分の美点に出会えるかもしれません。
企業側は特に3)を知りたいそうです。
「障害があるのはわかったけど、じゃあどうすれば??」と。

なかなか口頭で説明するのは難しいので、こんな資料があると面接の会話も進むのではないでしょうか(*^▽^*)

No title

今回の記事を読んで大変感心しました。

自己分析がすごく進んでいらっしゃいますね!

5つのテストを受けて大正解でしたね。だけど、あのテストを受けて、誰もがこの自己分析にまでたどりつけるかというと疑問です。

ねこやなぎさんの優れた合理的思考のおかげで、ここまで理解が進んだのだと思います。素晴らしいです!
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ