未然に防ぐための方策

先日の就職相談に向かう道すがら、私は以前

キャリアカウンセラーさんから言われた言葉を、

頭の中で反芻していました。


「あなたは人の流れに合わせることが苦手な

だけで、仕事が出来ない訳ではない。」


何だか今回の一連の検査結果を予測された

ような、鋭い指摘でした。


キャリアカウンセラーさんの洞察力には、

改めて驚かされました。



私は決して人間嫌いではありません。

街中や観光地をぶらぶら歩いたり、温泉で

のんびり湯に浸かることが大好きです。


ただ悲しいかな、集団行動と協同作業が

本質的に好きではなくて、適応しづらく

出来ているようです。


自分に任された仕事を、ひたすらこつこつと

仕上げていくのに、達成感を得るタイプです。


リーダー的な立場など、できるだけ避けて

通りたかったのだけれど、職場で年齢を

重ねていけば、おのずとそのような役割を

果たすことを要求されます。


一時は自分を偽り、「やらなければならない。

出来るはずだ。」と強がって、承認欲求に突き

動かされていたこともあったけれど、ストレスは

溜まるばかりでした。





キャリアカウンセラーさんには、臨床心理士さんから

渡された検査結果に、自分で調べた情報を追記した

用紙をそのまま見てもらいました。


私は検査の項目ごとに、口頭で説明を補足しました。

キャリアカウンセラーさんは、一通りうなずきながら

目を通していました。


「検査結果が示すほど、あなたの精神状態は悪化して

いない。むしろ、最初に会った頃の方がひどかった。」

との感想でした。


社交不安障害強迫性障害の症状と、トラウマの影響を

短期的に緩和するのは難しいのではないかという私の

懸念に関しては、「焦らなくても良いのではないか。」と

返答されました。


職場に慣れて仕事を覚える前に、人間関係が悪くなって

解雇されるパターンを防ぐための方策として、次のような

アドバイスをもらいました。


人間関係が悪くなる前に、自分の特性(新しい環境に

適応するのが遅い・仕事の流れを十分に理解してから

でないと、的確にこなせない)を、上司に伝えて理解して

もらうこと。


これができれば、必ずしも障害者枠で働く必要はない

のではないか。


ずっと健常者として働いてきたので、障害者枠で働く

ことに後ろめたさや違和感を抱くのではないか。



確かにその通りなのです。

テンパる前に自分の弱点を理解してもらえると、

無駄な緊張不安を抱くことなく仕事ができる。


職場と仕事に慣れてしまえば、継続するのは

それほど大変ではなくなります。



迷うところではありますが、うまく伝えられるかと

そのような職場を探すことが重要になってきます。



また、「障害者申請をする前に、障害者の就労

相談を受け付けている機関を訪ねて、いろいろと

情報収集をした方が良いのではないか。」とも

言われました。



本音では障害者申請をして適応促進のために、

就労移行支援所に通って訓練を受けることには、

ためらいがあります。


ためらいの原因は、「大きなわだかまり」が

心の中にあるからです。


この「大きなわだかまり」が、クリニックの転院と

キャリアカウンセラーさんとの出会いをもたらした

のでした。


「大きなわだかまり」の詳細は、次回の記事で

綴りたいと思います。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

しばらくは、情報収集と心の整理に時間をかけてみるつもりです。

もう失敗したくないので、なかなか難しい選択になると思います。

Re: No title

アオサギさん、コメントありがとうございます。

そうですね。

仕事の内容と職場の雰囲気、上司との相性によって変わってくると思います。

寛容な上司に出会えたとしても、仕事内容が自分に向いていないと続けられないような気がします。

慎重にならざるを得ません。

おはようございます

少しずつ、前進してらっしゃるようですね(*^^*)
就職は、私も先方が特性を理解してくださるのなら一般でも障害者枠でもどちらでもいいと思います。

私は事業所を利用する前に、ハローワークの障害者専門コーナーへ、障害者の就労について現状を聞きに行きました。
そんなにたくさん求人があるわけでもなく、なかなか希望する仕事を探すのは難しなという印象でした。
一般枠なら職種も広く求人も多いので、気になる仕事を見つけやすいかもしれませんね。
あとは、特性を理解していただけるかどうか・・・

春待つねこやなぎさんには、とても信頼できるキャリアカウンセラーさんがついていらっしゃるので、心強いですね。

No title

>人間関係が悪くなる前に、自分の特性(新しい環境に適応するのが遅い・仕事の流れを十分に理解してからでないと、的確にこなせない)を、上司に伝えて理解してもらうこと。

素人考えでは障害者枠ではなく、一般採用で、上記の事を理解してもらうのは、なかなか難しい事のように思えるのですが、どうなのでしょうね。可能ならばもちろん理想的ではありますが。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ