新しい環境

私の社会的適応を難しくする要素の一つに、

社交不安障害(対人恐怖症)が挙げられます。


対人不安緊張が強すぎて、新しい環境に

慣れるのに長い時間を必要とします。


それは入園・入学・就職・人事異動・転職等の

人生の岐路に立つ度に、自身を縛りつけるように

自由な動きを抑制してきました。





40年以上、昔の出来事です。

小学生の頃、夏休み前に先生から必ず渡される

紙片(カード)がありました。


それは日付が印刷されていて、毎日1つずつ

スタンプが押される仕様になっていました。


覚えている方もいらっしゃると思いますが、

「ラジオ体操出席表」です。


夏休みの朝、決まった時間に地区会館等に

集合して、ラジオ体操を皆と一緒に真面目に

行なうと、リーダーの上級生からハンコが

もらえました。


夏休みが終わると学校に提出することが

義務付けられていました。


一年生の時、ラジオ体操に行くことを拒否

してしまった私に、両親は苦肉の策として

車に乗せて、ラジオ体操をしている現場を

車の中から見学させました。


車中見学は一週間ぐらい続いたと思います。


私はやっとのことで、一人で集合場所に行き、

皆と一緒にラジオ体操が出来るようになりました。


特に知らない子などいなかったのです。

バス通学だったので、見慣れた面々でした。


ただ一人だけ、私をいじめる一つ上の男の子が

いたので、夏休みまでもその子の顔を見るのが

嫌だったのです。


その子は車中見学していたのを知っていたので、

警戒したのかどうかはわかりませんが、期間中は

意地悪されませんでした。


このように幼少期から人見知りが激しく、臆病で

神経質で集団生活が苦手でした。





時が過ぎて、大人になっても変われなかった私。

赤面恐怖も治りませんでした。


理屈では、自分と同じ人間の集まりに過ぎず、

猛獣や魑魅魍魎(ちみもうりょう)など存在する

訳がないと解っていても、ただただ怖いのです。


この性分を根本的に変えることは不可能なので、

これからは上手に付き合っていく術を身に着ける

方が得策でしょう。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

矛盾していますが、街中の雑踏は平気なのです。

ただ何らかの集団の一員として行動することに、プレッシャーを感じてしまいます。

職場と職種によって、適応の差が大きく左右されると思います。

Re: No title

アオサギさん、コメントありがとうございます。

そうですね。

おっしゃる通り、続けるためには自分に合う職種を見つけることが重要だと思います。

おはようございます

幼いころから対人恐怖が強かったのですね。
学校は団体行動が多く、大変だったでしょう?
私は、ラジオ体操は姉&幼なじみと一緒に行っていました。
臆病でおとなしい子でしたが、他人に興味がなかったのでその他の人たちの存在を意識していませんでした・・・

関わる人が少ない職場のほうが、春待つねこやなぎさんにとって過ごしやすいのでしょうか?
長年ともに生きてきた性分なのですから、うまく付き合っていけるといいですね。

No title

私の息子も対人恐怖症があって、ギリギリでサラリーマンをやっていますが、工場に勤務しています。息子の仕事を選ぶ場合、
職種というのが厳選される必要があります。ねこやなぎさんも何とか「合った職種」が見つかると良いですね。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ