職場と職種で変わる

「現代の日本の企業においては、人材を育てる

余裕を持たないところが大半を占める。」


中高年就職支援機関のキャリアカウンセラーさんと、

障害者就労・生活支援機関の精神保健福祉士さんの

見解は、ほぼ一致していました。


そこそこのコミュニケーション能力があって、

仕事を覚えるのが速い、即戦力となる人材が

求められがちです。



私の履歴書と職務経歴書を見れば、そのような

人材だと思われても仕方がなかったと、冷静に

考えればすぐ判ります。


しかし実際に採用してみると、あまりのギャップの

大きさに困惑させ、失望させてしまうのです。



これは、ひとえに私の微小凸凹と特性による

要領の悪さに起因しています。


微小凸凹= 処理速度が遅い

特性= 新しい環境に慣れるのが遅い
    納得しなければ行動できない
    思い込みが激しい等


これらのことを考慮すると、「一般枠」よりは

「障害者枠」で就労する方が、最初から配慮

してもらえる可能性が高いと推測されます。



精神保健福祉士さんによると、職場によって

対応がさまざまで、支援機関の介入を許可

してもらえるところもあれば、セキュリティ上の

問題で許可してもらえないところもあるそうです。



職種によって変わってくるかもしれません。


事務職として長く勤めてきたこともあり、抵抗は

ありませんが、初めから電話応対・来客応対等を

こなさなくてはならなくなると、パニック状態です。


簡単なことから複雑なことへ、単純作業から並行

作業へと、習熟の度合いに応じてペースを上げて

いくことが許されるなら、きっと長く続けられると

考えています。


あくまで理想にすぎませんが、まずは行動する

ことが先決でしょう。










        
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

あらかじめ職場で特性を理解してもらえると、精神的にかなり楽になると思います。

そのための準備を、これから整えていきます。

社会復帰を焦りすぎないよう、気をつけます。

Re: No title

アオサギさん、コメントありがとうございます。

なるべく心身ともに無理せずに、長く勤めることを目指します。

応募はまだ先になりますが、求人情報は定期的にチェックしていくつもりです。

おはようございます

大企業でも、こんな不安定な世の中だから、余裕はないし保守的になってそうですね。
私も自分の特性を伝えて働くほうが、お互いにとっていいと思ってます。
先方も理由がわかっていれば「なんでできないんだ!」とはならないでしょうし、私たち側もできることから挑戦できれば精神的に追い詰められることも少なくなるでしょうから。

理想を抱くことは原動力にもなるので、素敵だと思います(*^^*)

No title

>これらのことを考慮すると、「一般枠」よりは「障害者枠」で就労する方が、最初から配慮してもらえる可能性が高いと推測されます。

そうですね。現実的に考えると、障害者枠の方が安心な気がします。初めから自分のニガテをカミングアウトしている事はすごく気楽ではありますから。長年のキャリアは、障害者枠で雇用した割には、慣れてきたら「イケルじゃないか」と後から見直されるかもしれません。

いろいろと検討してみてくださいね。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ