前世紀の遺物

本日から7月です。

2017年も半分が過ぎてしまいました。


更年期障害のホットフラッシュが原因と思われる

汗のしたたる不快感に耐え切れず、扇風機を

使い始めました。


例年だと海の日くらいから使い始めて、せいぜい

9月上旬でしまい込むのですが、今年は長期間

使う羽目になりそうです。


1年のうち使用期間は2ヶ月弱だった扇風機。

改めて見たら、98年に製造された商品でした。


今年で20年間、使い続けていることになります。

故障したことはありませんが、現在の商品より

電力は消費するに違いありません。


家計に余裕などないのですが、背に腹は

かえられないといったところです。


この扇風機は、現在は大手電機メーカーの

子会社となってしまったメーカーの商品です。


購入した家電量販店の名称もなくなり、その

場所はインターネットカフェになっています。


「十年一昔」と言いますが、このご時世では

「五年一昔」のような感慨を覚えます。




昼前に外出した際、近所にさくらんぼの実が

なっている樹を見つけました。


住宅地の中で、鮮やかな実をたわわにつけた

さくらんぼの樹。


何だか嬉しくて、得したような気分になりました。

もちろん、実をもいだりするような行儀の悪い

ことは致しません。


引っ越してきてから10年以上経つのに、今まで

気づかなかったことが不思議です。


さくらんぼの樹が実をつけるのにも、相応の

月日が必要なはずです。



扇風機とさくらんぼの樹。


自分の年齢を気にしないと言ったら嘘になり

ますが、歳を重ねるのも満更でもないなあと

ふと感じ入りました。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> 今まで気がつかなかったさくらんぼ、春待つねこやなぎさんの心が外の世界に向かっていることの象徴のようですね。

自分でも良い傾向かなと思います。

こういった小さな幸せ(?)を、積み重ねていけたらいいなと感じています。

Re: No title

アオサギさん、コメントありがとうございます。

こちらの地方では、公共の場では冷房が普及していますが、個人宅ではエアコンのある家は少ないのが現状です。

日本のヒートアイランド化に伴い、熱中症の危険がない訳ではなく、30℃を超える日も一夏に2週間くらいはあります。

短い夏の暑さを、窓を開けて風を通し、扇風機でしのいでいます。

おはようございます

今まで気がつかなかったさくらんぼ、春待つねこやなぎさんの心が外の世界に向かっていることの象徴のようですね。

私は大学生の頃から使用している掃除機が30年近くなるのですが、まだ元気に活躍してくれています。
もちろん、消費電力や吸引力を考えると・・・春待つねこやなぎさんの扇風機と同じ状態ですが。

でも、年齢を重ねるのも悪くないですね。
さくらんぼのように、今まで気がつかなかったものに出会えるかもしれません。
今だからこその人生を、歩いていきたいものです。

No title

もしかして、ねこやなぎさんのところは北国なので、夏中、扇風機で大丈夫なのでしょうか!

私のところは夏は熱中症になる危険大なので、エアコン使いまくりです。

夏涼しいという事は、就職活動がしやすいかもしれませんね!

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ