心のアキレス腱

6月上旬に、精神障害者手帳と自立支援医療を

申請しました。


予想よりも早く1ヶ月待つことなく申請が通り、

両方とも取得できました。


「ようやく」なのか「とうとう」なのか、社会福祉

よる支援を正式に受ける身となり、希望したこと

とはいえ、戸惑いがないと言えば嘘になります。


しかしこの事実をしっかりと受け止めて、いつか

社会に対して、いくばくかの恩返しができるように

なりたいと思います。



以前、心理学関係の本で読んだのですが、人には

キャラクター(性格)とパーソナリティ(人格)がある

そうです。


この2つは似て非なるもので、キーワードはそれぞれ、

キャラクター = 先天的、気質、遺伝的

パーソナリティ = 後天的、個性、環境

とのことでした。


私にも私だけのキャラクターとパーソナリティがあり、

その他の要素が加わって、「うつ病」という疾患での

障害者認定となりました。


たぶん「認知のゆがみ」や「努力不足」等もあったと

思います。


それらを後悔して自分を責めても、人生をやり直す

ことは不可能です。


それなら至らない自分を認めて、たとえ小心者でも

生き抜いてきた自分をほめてあげても良いかなと、

ちょっとだけ思えるようになりました。



人間はそれぞれアキレス腱(弱点)を持っています。


個人的なことで恐縮ですが、私の祖父は心臓が弱く

30代で亡くなりました。

祖父のアキレス腱は、生来の心臓病でした。


祖父が悪い訳ではなく、むろん曽祖父母が悪い訳

でもありません。

しかし祖父がいなければ、私は生まれていません。



私のアキレス腱は、新しい環境とそれに付随する

修学や就労に慣れるのに、人一倍時間がかかる

ことでした。


心のアキレス腱のほかに、処理速度が遅いという

微小凸凹を抱えていました。



コミュニケーション力とスピードを求められる

現代社会においては、とかく損に傾きます。


それでもいいのです。

私という人間は一人だけですから。


私は私のできることをして、生きていくことに

しました。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> 私は障害者手帳はこれまで頑張ってきた証だと思っています。
> だから、利用するかどうかは別にしても、世の中に出るためのパスポートみたいな存在でもあると。

なるほど。このように考えると、心が軽くなります。
何も難しく考える必要はないのですね。

これからに期待が持てそうです。

おはようございます

精神障害者手帳&自立支援医療の認可が下りたのですね。
おめでとうございます。
私は障害者手帳はこれまで頑張ってきた証だと思っています。
だから、利用するかどうかは別にしても、世の中に出るためのパスポートみたいな存在でもあると。

私も世の中にそぐわないアキレス腱を抱えています。
今は配慮の得られる環境にいますが、まだまだ綱渡り状態です。
自分が自分でいることのできる場所で働けるといいですね。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ