目をそらし続けていた~3

うつ病を発症する前(30代後半)の私は、ガールズトークに

馴染めない、宴会で雑談ができない等、対人関係に不器用

なところはあるけれど、仕事には真面目に取り組み、確実に

こなしていると評価されていました。


私にとっては、それが自己肯定感のよりどころであり、とかく

取越苦労(将来の不安)に怯えがちな自分を、落ち着かせる

ための安全弁でした。



日常業務(総務事務)はできるのに、「休日当番」はできない。

どうしてできないのか、自分でもわかりませんでした。



そういえば、就職後しばらくして経理事務に異動になった際、

「何一つまともにできない。」と上司に叱責され、悔しさの

あまり奮起して、何とか周囲に認められるようになりました。


覚えるのに時間がかかったけれど、覚えてしまえば応用は

比較的容易にでき、達成感もありました。


その際は、若くて社会経験も浅かったからだと思っていました。


まさかこれが自分の特性だとは、考えもしませんでした。




「休日当番」の翌日に、ミスの指摘や注意を受けることが

常態化し、私は対処法がわからず、苦悩するばかりでした。


事務の「オールマイティ」にならなければならないと、

思い込んでいた私は絶望感に駆られました。


他の人から聞いた「コツ」は実践しているつもりでした。


誰かに相談しようにも、事務では自分が最年長であったし、

上司からは「みんな、やっている。」と言われ、努力が足り

ないと見なされているようでした。



「休日当番」業務から解放されたい。

そのためなら、会社の代わりに誰かに時間外賃金を支払う

こともいとわない。


そこまで追い詰められていました。

しかし正社員という立場上、そんなことは許されるはずも

ありません。


続きは次回、綴りたいと思います。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ