生きていさえすればいい

今朝起きてすぐに、フローリングの床で転倒しました。

寝ぼけていたので、一瞬何が起こったのかわかりませんでした。


尻もちをついて「痛い!」と言ったとき、足が濡れている

ことに気づきました。


原因は同居犬の粗相(尿)でした。

塗れた床に足を滑らせて、物の見事に転びました。


同居犬を見たら、「我れ関せず。」と無反応。

痛みはすぐに治まり、幸いけがもありませんでした。


同居犬に怒っても仕方ないし、たぶんストレスが

溜まっていて粗相したのかもしれないと思いました。



今週はずっと「就労支援カリキュラム」の見学や

諸々の用事で、毎日長時間外出していました。


同居犬にしてみれば、日常が変化して寂しかった

のでしょう。


しかしこの状況に、私も同居犬も少しずつ慣れて

いかなければ、近い将来生きてはいけないのです。



今月下旬までは、「発達障害者就労支援カリキュラム」の

3種類のトレーニング(短時間)のみを受講します。


その後は状況に合わせて、必要な長時間の講習が

追加されるようです。


「まずは人に慣れることから始めましょう。」と、障害者

職業センターの担当職員さんに言われました。




一見普通に見えるけれど普通ではないおばさんと、

心臓病を患うおじさん犬は、共に生きていさえすれば

いいと、太宰治の小説(ヴィヨンの妻)のように、ただ

それだけを考えています。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> ビートたけしさんも『騙されるな』という詩で「人は生まれて 生きて 死ぬ これだけでたいしたもんだ」と言ってます(*^^*)

そうですね。
その人だけの人生を生きること自体に、価値があるのではないかと思います。

> 事業所にも想定外の場面で言葉が出ずに固まってしまうADHDの女性がいます。
> きちんと説明したいのに、自分の想いを伝えたいのに…と、彼女の大きな悩みの種になっています。

その女性に共感を覚えます。
私も言葉が出なくてもどかしいと、つい自分を責めていました。
なかなか難しい問題です。

おはようございます

大切な存在とともに生きる・・・素敵ですね。
ビートたけしさんも『騙されるな』という詩で「人は生まれて 生きて 死ぬ これだけでたいしたもんだ」と言ってます(*^^*)

ところで、先日の春待つねこやなぎさんのブログで思い出したのですが、事業所にも想定外の場面で言葉が出ずに固まってしまうADHDの女性がいます。
きちんと説明したいのに、自分の想いを伝えたいのに…と、彼女の大きな悩みの種になっています。

人それぞれ、いろんなものを抱えているのですね。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ