萎縮の構造

私が自己のことを語るとき、饒舌になるか

寡黙になるか、どちらかに偏りやすいと

以前に綴りました。



今回は寡黙になる場合について、考えて

みました。


寡黙になる場合は、大抵会話の相手から

質問等を受けていることが多いです。


思考を集中して適切な言葉を探している

うちに、タイムオーバーを迎えてしまい、

会話が成り立たなくなります。


私としては相手のことを軽んじているとか、

無視しようとしている意図はまったくない

にもかかわらず、誤解されてしまう失敗を

繰り返してきました。



若い頃は自分の頭の回転が遅いから、言葉が

うまく出てこないのだと思っていました。


周囲の人たちは頭の回転が速いから、

気持ちをすぐに適切な言葉に変換できる

優秀な人ばかりなのだと・・・。



長らく生きてきて気づいたのは、寡黙に

なる場合の私は、プチ・パニック状態

陥っているのではないかとの仮説です。


臨機応変な対応が苦手だから、想定外の

質問に答えるのに時間がかかってしまい、

相手に不安や苛立ちをもたらします。


「ちょっと待ってください。」の一言が出て

いたら、状況は違っていたかもしれません。






普段でもプチ・パニック状態に陥りやすいのに、

パニック状態になると寡黙を通り越して緘黙に

なります。


周囲の人から注意や叱責を受けた際、うまく

対応できる人と対応できない人に分かれます。


私は典型的な後者です。


注意・叱責を受けること自体が想定外なので、

その状態に至った経緯を理解するのに戸惑い、

それからやっと注意・叱責の言葉を理解する

段階に入ります。


その間は身動き一つできず、外見は無表情です。

やっと返答を考え始めたときには、もはや手遅れ

です。


相手は苛立ちを募らせ、私は萎縮してしまい、

一巻の終わりとなります。


この悪循環を断ち切りたくて、解決法を

思案中です。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

その女性に、悩んでいるのは自分だけではないと伝えてください。

その女性の気持ちが、少しでも軽くなるお手伝いができたら幸いです。

誤解されて気まずくなる。私も同様です。

おはようございます

以前コメントにも書かせていただきましたが、事業所の利用者さんに、同じような女性がいます。
「言葉が出てこなくて、誤解される」と悩んでます。
今日の記事で、どういう仕組みなのかがよくわかりました。
プチパニック状態で、状況理解に時間がかかるのですね。
そこから、適切な言葉を探す・・・
確かに、相手はそこまで待ってくれませんものね。

とても勉強になりました。
ありがとうございます。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ