余計に怖い

この春まで2年間、日常の用事以外は外出せず、

殆ど自宅に引きこもっていました。


車での外出の方が多かったため、街角を徒歩で

移動するようになったのはここ数ヶ月のことです。


少しだけ俗世を離れていたような感覚があります。



今朝からずっと雨が降り続いていて、まだ止んで

いません。


障害者職業センターの行き帰り、突然見知らぬ人から

声をかけられて、「急いでいるのですみません。」と、

足早に逃げてしまいました。


朝は、傘もささない男性から「100円、貸してください。」

と言われました。


夕は、朗らかな女性から「アンケートをお願いします。」

と言われました。


一瞬「えっえっえっ?」とたじろぎ、怖かったです。


晴れていても怖いのに、雨が降り続く中での問いかけに

余計に怖くなって、「どうして私に?」との謎だけが

空回りしています。


うーん、世の中にはいろいろな人がいるから、

さして重要ではないことは、気にしないことにします。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> 一日に集中して声をかけられたのですか。

はい、朝にびっくりして、夕方にもびっくりしました。
よく考えると、悪天候の中、声をかける人も大変だったのでしょうか。

私は人を見る目はありませんが、幸い断る勇気は持ち合わせています。

これからも、気にしないようにします。

おはようございます

一日に集中して声をかけられたのですか。
タイミングだったのか、春待つねこやなぎさんが話しかけやすい雰囲気だったのか。
外の世界は刺激がいっぱいですね。
人を待っているだけで、お店や宗教の勧誘の人が寄ってきますし。
私も最初は戸惑いましたが、最近は、皆さんもお仕事なんだな~と思うようにしてます。
おっしゃるとおり、気にしないのが一番ですね(*^^*)
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ