さまざまな事情

秋が深まり、ななかまどの赤い実がひときわ

鮮やかに感じる頃となりました。


障害者職業センターへの行き帰りに、大汗を

滴らせながら歩くこともなくなりました。


それでもたまに更年期のホットフラッシュか、

体質によるのぼせて冷える症状が現れます。

こればかりは仕方がないです。



障害者職業センターでの職業準備支援にも

慣れてきて、不安緊張も少なくなりました。


カリキュラムでは落ち着いて質問や発言も

できるようになり、少しずつ上昇している

感覚があります。



職業準備支援を一緒に受けている方々は、

おそらく平成生まれの若い人が多いのですが、

一度は働いた経験があるようです。


このような推測の表現をするのは、受講者間では

お互いにプライベートな話を殆どしないからです。


私はどこから見てもおばさんですが、彼等より

彼等の両親との方が、年齢が近いことぐらいは

気づかれていると思います。


年齢の差はありますが、カリキュラムでの質問や

発言、意見等で共感するところは多くあります。


一口に発達障害といっても症状は千差万別で、

さまざまな事情を抱えているけれども、似た

ようなことで悩んでいたりとか・・・。


変な表現ですが、孤独であって孤独でないような

感じがしています。


人生、学ぶべきことはまだまだ多くあります。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

障害者職業センターに通う機会を得られたことは、幸運だと思っています。

活動を通して、少しずつ達成感を積み上げつつあります。

適切なアドバイスを受けて、自己肯定感も上向きです。


センターの利用期間は約12週間と決められているので、
私の場合は2/3くらいが終了したことになります。

残りの期間を、できるだけ有意義に過ごしたいと考えています。

おはようございます

障害者職業センターの活動に、ずいぶんなじんでこられましたね。
春待つねこやなぎさんにとって、居心地のいい空間・・・なのでしょうか。

「孤独であって孤独でないような感じ」というのは、わかるような気がします。
障害特性についてもそうだし、同じ場所に集う仲間という意味でもそうだし・・・
同じようで同じではなくて、この着かず離れずの距離感が私は好きです。

今の時間を、ゆっくりと楽しんでくださいね。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ