自分の取扱説明書

障害者職業センターでの受講も残り1ヶ月を切り、

本格的に就活の準備を始めなければなりません。


障害者求人に応募するには、一般の求職者として

就活していた際には作成しなかった書類が、必要に

なります。


「自分の取扱説明書」のようなもの

・自分にはどのような特性があるのか

・その特性に対して、自分でどのように対処しているのか

・自分で対処しきれない場合、周囲にお願いしたいこと


このような内容を、できるだけ簡潔にわかりやすく

伝える書類を作成します。


昨日、精神保健福祉士さんに効果的な作成方法の

レクチャーを受けてきました。


特性についての説明が細やかになりすぎると、

企業側から心配される可能性も無きにしも非ずだ

そうで、表現が難しいところだと思います。


人によっては図などで示したりする場合もある

そうで、レイアウトのセンスが問われるところです。


何はともあれ、挑戦してみます。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

自分のトリセツ、ただいま模索しています。

絵心とかデザインのセンスに恵まれていない私には、
難しいかなと思ったりして・・・。

シンプルに、「わかりやすいトリセツ」を目指すことに
しました。

おはようございます

自分のトリセツ、一年半前に私も作りました。
まだ就活はしてなかったのですが、ネットでそんなものが存在すると知って興味本位で作成。
ちなみに私のはテキストボックスを使ってメモ用紙がいっぱい並んだような楽しいレイアウトになってます♪
Wordのスキルをアピールできるかなと思いまして。

春待つねこやなぎさんだからこそ作れるトリセツができるといいですね。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ