重くてだるい

昨日(10月31日)、障害者職業センターへの

通所を休んでしまいました。


原因は体調不良です。

のどの違和感・頭痛・軽い関節痛が重なって、

「風邪かな?」と思い、服薬・安静にしていたら

一日で回復しました。


「体が重くてだるくて、しんどい。」と、さんざん

心の中でつぶやいておきながら、一過性の

不定愁訴にすぎなかったのだと思うと、何だか

こらえ性が無い自分が情けなくなります。


気にしすぎ、神経質がもたらす不安の増殖。

「いい加減にしろ!」と、自分に言いたい。


残り少なくなった障害者職業センターの

受講期間を、無駄にしてしまいました。


そう思うと余計に悲しい気分になります。

「受講期間の終了は、嬉しくて寂しい。」

これが私の本音です。


「こういう気持ちになる日もあるよね。」と、

無理やり結論を出してしまいました。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「自分の反応に自分で驚くことってありませんか?」

あります!
まさに先日福祉士さんの前で泣いてしまったのはそれでした。
彼女に「大丈夫ですか?」と声をかけられた途端、涙があふれて・・・
「あれ、なんで私涙が・・・すみません」・・・と。

ほんとに、無意識や深層心理は興味深いです。

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

そうですね。
人間なのだから、多少の浮き沈みがあるのは仕方がないと思います。

それでもときどき、自分の反応に自分で驚くことってありませんか?

無意識がもたらす影響について、知りたいなと考えてしまいます。

おはようございます

お疲れさまです。
久しぶりの外の世界なのだから、心身の疲れが出たのではないでしょうか。
私は昨日、福祉士さんの前で泣き出してしまいました。
スタッフさんたちに負担をかけたくないから、ずっと笑顔でサポートスタッフとして頑張ってたのですが、限界が来てしまったようです。
でも、少し話を聴いてもらって、なんとか復活!
人間ですもの。
浮き沈みに一喜一憂しなくてもいいのだと思いますよ(*^^*)
(と言いつつ、気にしてしまう私…)
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ