FC2ブログ

みどりの窓口

障害者職業センターの受講終了後、センターの担当職員さんと

支援機関の社会福祉士さん・精神保健福祉士さんと一緒に、

今後について面談しました。


その際、ハローワークの利用に関する話になりました。


社会福祉士さん・精神保健福祉士さんによると、みどりの窓口

(障害者求人)に行く際は、受付の方が毎回変わるよりは

担当の方を決めたほうが、行き違い等がないから良いのでは

ないかとのことでした。


そこで、社会福祉士さん・精神保健福祉士さんが日頃、

懇意にしている方を紹介してもらうことになりました。



みどりの窓口に行ったのは二度だけで、求職者登録用の

書類をもらった時と、実際に求職者登録をした時です。

受付はそれぞれ別の方でした。



紹介してもらう約束の日、私は時間ぎりぎりに行って

しまいました。


二次面接での不採用を知った翌日で、そんなに気に

していないつもりがよく眠れなくて、いつの間にか

うとうとしてしまい、ふと目が覚めたら愕然・・・。


履歴書等も用意していなくて、精神保健福祉士さんが

持参していたファイルからコピーしてもらいました。


申し訳ないやら恥ずかしいやら。

穏やかな感じの女性職員さんを紹介してもらいました。

気後れせずに質問できそうです。



複数の方に支援を求めることができる。

感謝の気持ちと共に、心強く感じています。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

一般求人で就活していた際は、市内のハローワークであれば、
どこでも紹介状を発行してもらえました。

障害者求人で就活する場合は、住所地を管轄するハローワークだけが
応募の窓口となります。

良い方を紹介してもらえて、嬉しく思っています。

おはようございます

確かに、障害者求人の窓口は人によって対応が違いますので、どなたかに担当していただくと助かりますね。
(当たり外れが大きい・・・)

私も自分が障害者となってから本当に多くの方にお世話になり、今現在も支えていただいています。
皆さんの思いにこたえるためにも、そして自分自身のためにもしっかり生きていきたいものです。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ