同一性保持

自閉症スペクトラムの症状の一つに、「同一性保持への

強い欲求」が挙げられますが、私はときどき強迫性障害

症状と混同してしまうことがあります。



私の場合、外出時にはいつも同じバッグをずっと、

ボロボロになる寸前まで持ち歩きます。


バッグの中身は、いつ何時アクシデントが起こっても対応

できるように、たまにしか使わないものでも収納部分を

決めて入れています。


必然的に、バッグは大きめで重くなります。


大半の女性の方は、その日の服装に合わせてバッグを

選んでいるのではないかと思います。


私にはそれが不安の種になってしまい、バッグを

変えることができません。


いつもと同じでないと落ち着かないのです。


中身を入れ替えるのが面倒だという気持ちも、

多少混ざっています。



このようにものぐさな私でも、時と場所によっては

バッグを変えざるをえない場合があります。


慶弔の席とか、滅多に行かないアウトドア等です。

その際は、何度も持ち物を確認しないと外出できません。


こうなると確認強迫症状です。


いつもと違うと落ち着かない、たまにしか行かない

場所や状況に出向かなければならない。


楽しい席では期待もありますが、それよりも

緊張不安の方が大きくなります。


「あぁ、私って本当に手間のかかる奴だ!」と、

情けなく感じてしまいます。


気にしたくないのに、気にしてしまう。

適当になりたいです。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

かなさんや事業所の方と重なる部分があって、
何だかほっとしました。(気に障ったらごめんなさい)

私にとって、ファッションやメイクは自分に施すものではなくて、
「綺麗なものを観たい」という観賞欲に属しています。
ウィンドーショッピングが好きですが、滅多に購入しません。

私も料理作りには関心が無くて、栄養バランスが偏らなければ
いいぐらいにしか考えていないので、ちっとも上達しません。

価値観は人それぞれだから、「まぁいいか。」と思っています。

おはようございます

私も年中同じバック(大きい!)で過ごしています。
まあ、私の場合、ファッションに興味がないというのが大きな原因かもしれませんが。
(ファッション、メイク、料理等、女性らしいことに全く興味が持てないのです。)
なので、必要に迫られてバックを変えるとやはり不安で何度も確認してしまいますね。
必要なものはミニトートにまとめていて、それごとごそっと入れ替えるのですが、ミニトートが入らない小さなバックに移すときは困ります。
まあ、私の確認は2~3回くらいなので普通だと思うのですが、事業所には3泊くらいするんじゃないかという大荷物を持ってくる人がいて、やはり不安からきているようです。
外出プログラムでプラネタリウムへ行った時もそのままでした・・・
みんな、個性豊かです。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ