得体が知れてきた

今年のカレンダーも残り1枚になりました。

できれば年内に身の振り方を決めたくて就活していますが、

巡り合せもありそうで、こればかりは何とも言えません。



50歳を過ぎてからやっと、自閉症スペクトラムの兆候を

はっきりと自覚できました。


物心ついてからの私は、ずっと得体の知れない不安

苛まれてきました。


社交不安障害強迫性障害・うつ病を経て、自閉症

スペクトラムを疑い、今年に入ってから知能検査・

心理検査・適性検査を受けたところ、凸凹が明確に

なり安堵しました。


得体の知れない不安(明日何が起きるかわからない)は、

人間なら誰しも心当たりがあることなのに、感じ方は

人それぞれです。


私は豆粒程度の不安を、あたかも大きな岩石のように

捉える傾向があるようです。


だから来る日も来る日も、岩石を背負って勝手に

くたびれていました。


長年沁み込んだ心の癖って、怖いですね。


得体の知れない不安は確かにあるけれど、

心の癖の得体が知れてきました。


不安を過大視するのはやめよう。

すぐには実行できないけれど、少しずつ訓練して

みようと思います。


不安に襲われたら、ちょっと呼吸を整えて

「またやってるかも?」と、クスッと笑えるように

なりたいものです。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

社会復帰へ向けて、再度方針を転換した一年でした。

医療・福祉関係の方々には、いろいろとお世話になりました。

アドバイス等を受けて、自身のことを少しは客観的に
みられるようになった感覚があります。

まだこれからが正念場です。

おはようございます

もう師走ですね。
春待つねこやなぎさんにとって、激動の一年だったのではないですか?
それも明るい方向に向かっての。
激動の人生の中の、激動の一年。

私も同じような心の癖を持っているので、クスッと笑えるようになれればと思います。
きっと、そういう自覚が大切なのでしょうね(*^^*)
私も少しずつ訓練していきたいです。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ