FC2ブログ

対人免疫

そろそろインフルエンザが流行する季節です。


私は義務教育終了以来、ワクチン接種を一度も

していませんが、幸運にも罹患は免れてきました。


これはあくまで偶然にすぎず、予防は怠らない

ようにしようと思います。


一人暮らしでインフルエンザになったと想像する

だけで、悲惨な状況が浮かんできます。




社会的空白の2年間を克服するため、障害者職業

センターにおいて就労準備支援を受講しました。


受講が終了してから、既に1ヶ月が経過しました。


人が居る場所で、人と共に働くという免疫力が

再び低下しないうちに、早期に就職したいと

切に願っています。


人と接することで、多少なりとも刺激を受けます。

静かな水面に小石を投げ入れたら、さざ波が立つ

程度の刺激は日常的なものでしょう。


時間の経過によって、対人免疫が低下したら緊張

高まり、さざ波程度の刺激にも過剰に反応しそうです。


良い刺激にしろ悪い刺激にしろ、気になって

心がざわざわして寝つきが悪くなるのではと、

また余計な心配をしています。


明日は明日の風が吹く。

取り越し苦労の癖、治したいものです。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> 「社会的空白」って、いい言葉ですね。
> 「空白」だけだと無駄に過ごしたように感じるけど、「社会的」が付くことで意味が変わってきます。
> 働いてはいないけど、その間にいろんなことを考え、経験し、それなりに何かを得ているのだと・・・

私の気持ちを代弁していただいているようで、
素直にうれしいです。

社会的空白の期間は自身の特性を認識して、
今後について考える貴重な日々でした。

おはようございます

あれからもう1か月ですか。
早いものですね。
確かに、社会的空白が長くなるほど社会へのハードルは高くなるし、怖くなります。

「社会的空白」って、いい言葉ですね。
「空白」だけだと無駄に過ごしたように感じるけど、「社会的」が付くことで意味が変わってきます。
働いてはいないけど、その間にいろんなことを考え、経験し、それなりに何かを得ているのだと・・・
私もこれから、この言葉を使わせていただきます(#^^#)
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ