凍土に鶴嘴(つるはし)

新年になってしばらく経っても、日によって気分が変動する・

または日内変動する状態が続いています。


しかし、近年は少しずつ気分変動の幅が小さくなってきて、

安定に近づいている予兆があります。

まだ油断はできませんが。



今年最初の通院日だった今日、主治医に近況を報告した後、

自分でも思いがけない言葉が出てきました。


「内向的な性格は恥ずかしいとか損だとか感じていましたが、

必要なときに話ができさえすれば、このままでもいいかなと

思うようになりました。」


最初の記憶(3歳で保育園を脱走する)以来、50年近くの間

自分を縛りつけていた自己否定・自己嫌悪が積もって凍った

固い地面。


近年の転職ジプシー生活の中で、たくさんの人に支えられて、

やっとのことで自分自身を許すきっかけを手にしました。


自己肯定感はまだ十分ではないけれど、これから育てようと

思います。


どうか心の基盤整備が、経済的基盤の確立に繋がりますように。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> 私は今、“許す”ことの難しさを実感しています。

確かに「自分を許すこと」は難しいと感じています。
私も許すきっかけを手にしただけで、これから時間をかけて許していきたいと思います。
途中で足踏みするかもしれませんが、根気よく続けていきます。

おはようございます

力強い記事ですね。
私は今、“許す”ことの難しさを実感しています。
許したはずなのに、また許せなくなり・・・
でも、ありのままの自分を受け入れることで、一歩踏み出せるはず。
私も、自分の心を育てていきたいと思います。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ