FC2ブログ

年下の先輩

週の半ばから北日本を襲った暴風雪は、多数の人に

影響を及ぼしました。


亡くなられた方もいて、ご本人や周囲の方々の無念さを

思うと悲しい気持ちになります。


時に、人間は自然の猛威に対して無力さを実感します。

明日は必ずしも平穏とは限らない。


それならば与えられた生をまっとうしたいと、改めて

考えさせられます。



障害者雇用で就労してから1ヶ月余りが経ちました。

来週からは、いよいよ独り立ちします。


私が仕事を教わった人は、一回りほど年下と思われる

女性でした。


彼女は私の特性を理解し、私がどのようにしたら仕事を

覚えやすいか、常に配慮してくれました。


一つのことに注意が集中しがちで、関連する事柄や

周囲の状況に気が回らず、衝動的な行動をしてしまう。


些細なことにこだわって、優先順位を乱してしまう。

一度説明されたにも関わらず、覚えていないことがある。


質問に対する答えではなく、答えに辿り着く前の思考を

長々と言葉にして、結局答えになっていない。


ピントが外れた質問をしたり、予測不能な動作をする。

本当に扱いにくい、教えづらい人間だったと思います。


困惑させる要素てんこ盛りで、後になってから気づく私。

反省して「すみません。」というと、「大丈夫です。」と

返してくれました。


負担感や苛立ちを覚えたこともあったと、後半になって

正直に伝えられました。


それでも「今回のことは、いろいろ勉強になった。」との

感想をもらいました。


気立てが良くて、しっかりしていて、思いやりのある先輩。

彼女に出会えて、仕事を教わることができて本当に良かった。

感謝でいっぱいです。


近々、離れたところに行ってしまいます。

体に気をつけて、また活躍されることを祈っています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> よい先輩との出会いは財産ですね。

そうですね。
短い期間でしたが、暖かいイメージを伴ってずっと記憶に残ると思います。

> これから「ひとり立ち」ということで、また大変なことがたくさん出てくると思います。

これまでは無意識に先輩に甘えていたような気がします。

> 背負いこみすぎないように、頑張りすぎないように・・・
> ご自身の心と会話しながら、無理なさらないでくださいね。

自分に余計なプレッシャーをかけないように気をつけます。

おはようございます

よい先輩との出会いは財産ですね。
私たちの年齢になると、先輩が年下の確立が非常に高くなります。
私も40歳を過ぎてから、大卒一年目の女性に仕事を教わったことがあります。
思いっきり年上だし、変なところでこだわってしまうし・・・今思えば、教えにくかっただろうなあと(-_-;)

これから「ひとり立ち」ということで、また大変なことがたくさん出てくると思います。
背負いこみすぎないように、頑張りすぎないように・・・
ご自身の心と会話しながら、無理なさらないでくださいね。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ