FC2ブログ

ほどほどの孤独

3月下旬、仕事で独り立ちしてから早いもので

3週間が経過しました。


ここまでのところ、さしたる問題もなく平穏に

働いています。


それというのも、仕事を教わった年下の先輩が

「仕事を覚えられなくて困るのは自分だから。」と、

発破を掛けてくれたおかげです。


「わからないことは、しつこく聞いてもいい。」と

言ってもらえたので、細かいことまで質問しました。

マニュアルや資料も見やすく整えてくれました。



実は私がほぼ終日、仕事をしている図書室は

一人体制です。


私が都合により休む場合は、ごく短い時間だけ

貸出・返却の代行をしてもらえるそうです。

就職して日が浅いので、その機会はまだないですが。


つまり業務の詳細を知る人が他にいないから、

困っても自分で解決しなければならない訳です。


これからどうなるかわかりませんが、資料を調べて

先例を参考にしたり、ソフトの制作元に問い合わせる

こともあるかもしれません。


一対一で教えてもらえたので、以前の転職先では周囲の

状況に注意を奪われるか、手元に意識が集中するかの

どちらかに偏りがちだった私でも覚えやすい環境でした。



一方で、上司や先輩が一番心配していたのは、「一人きり

の就労時間が辛く感じるのではないか。」ということでした。


それが全然気にならないのです。

平気というか、逆にありがたいと感じています。


幼少時から集団生活の中で疲れやすく、人の流れに

合わせるのが苦手な私は、自分のペースでコツコツと

進められる仕事が好きです。


電話の応対も少なく、大抵が内線電話で外部からは

滅多にかかってきません。


いくら一人の仕事がよくても、終日誰とも口をきかない

状況になると、それはそれで辛く感じるのではないかと

思います。


その点、出勤・退勤時には必ず事務室に寄って挨拶する、

利用者さんと短い会話を交わす等、人との接触は少ない

けれど丸切り孤独というほどでもない。

たまに所属部署の仕事を依頼される。


ほどほどの孤独さ加減が、私には心地良いのです。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

私には、この仕事内容と職場環境はとても魅力的に映っています。
長距離通勤の朝ラッシュでの息苦しさはきついですが、その時間を過ぎれば楽になれると感じるほど意欲をそそられています。

まだまだ未熟ですが、少しずつ進んでいきたいと思っています。

おはようございます

なんて素敵な環境なんでしょう。
うらやましいです。
私は以前、公共ホール受付事務兼資料室担当でした。
資料室ながら蔵書が2万冊以上で貸し出しもしていたので、資料室に一人でこもる機会も多々あり、天国でした。
時々お客さんと会話をしたり一緒に本を探したりする以外は、事務仕事に没頭。
棚卸では1週間ほど一人で黙々と作業・・・これもまた天国!

ほどほどの孤独加減、いいですね~。
私もそんな職場を探したいと思います。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ