猛犬注意!

先頃、居住しているアパートの防火設備法定点検が

実施されました。


定期的に行なわれる防火設備やガス機器等の点検には、

有給休暇を取って必ず在室するようにしていました。


「不在の場合は、管理会社立ち合いのもとに入室させて

いただきます。」


このように注意書きがされていて、不在の間に入室される

のは仕方がないとしても、気分がいいものではありません。


今回の連絡が郵便受けに入っていたとき、ほとほと

困り果てました。

就労して日が浅いので、そう簡単に休みが取れる

はずがないからです。


この状況を回避するために、点検を請け負った業者に

電話をかけました。


「室内には高齢に差し掛かったチワワが一頭おり、警戒心が

非常に強いので吠えまくり噛みつくかもしれません。チワワは

心臓病を抱えており、興奮すると具合が悪くなるかもしれません。」


犬を口実に、何とか点検日をずらしてもらおうという作戦でした。


すると用意していた口実を言い終わらないうちに、

「それでは公共部分の点検だけにして、入室は

しないことにします。」

と、いとも簡単に了承してもらえました。


入室を免れてほっとしました。

交渉してみるものですね。


犬を口実にしましたが、満更うそでもありません。

同居犬は私に似て小心者なので、私がいない間に

見知らぬ人が入ってきたら、きっとパニックに陥る

でしょう。


できるだけ長生きしてもらいたいので、そのような

機会はこれからも避けていきたいと考えています。




30代前半、私にとって自室は「聖域」でした。

過度の確認癖が強迫性障害だと気づいていながら、

受診する勇気が持てずに、いつもピリピリとして

室内の物の位置等に異常なこだわりを持っていました。


現在は違いますが、その頃は家族や友人さえも

自室に入れたくなかった時期でした。


ある時、翌日の結婚式出席のために両親が

私のアパートにやってきました。


父は親戚の家に泊まることになり、母は私のところに

泊まりたいとのことでした。


自分以外に部屋の物を触られたり、動かされたりするのが

耐えられないと思い込み、母の申し出をあれこれ理由を

つけて断りました。


母は悲しそうな表情をしました。

なんて薄情な仕打ちをしてしまったのだろうと、

申し訳ない気持ちでいっぱいです。


母は覚えていないかもしれないけれど、何かの折に

そのときの話になったら、誠意をもって謝りたいと

思っています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> 他人の入室を免れることができてよかったですね。
> 交渉してみるものですね。

はい。過去の点検では異常がなかったので、おおめに見てもらえたのだと思います。

> 人が存在することで疲れてしまう私にとって、他人の気配を感じない空間はとても大切だから。
> 誰かが入室するということは、心の中に土足で踏み込まれるように感じてしまいます。

そうですね。私もかなさんに近い感覚があります。
昼休み等は、短時間でも誰もいない場所に避難していました。

> 過去の思い出、春待つねこやなぎさんの中には傷となって残っているのですね。
> それだけで十分だと思いますよ(*^^*)

かなさんの言葉に救われた気持ちがします。
ありがとうございました。

おはようございます

他人の入室を免れることができてよかったですね。
交渉してみるものですね。

私は強迫性障害ではありませんが、「聖域」という言葉、よく使っています。
人が存在することで疲れてしまう私にとって、他人の気配を感じない空間はとても大切だから。
誰かが入室するということは、心の中に土足で踏み込まれるように感じてしまいます。
両親はぎりぎりOK。

過去の思い出、春待つねこやなぎさんの中には傷となって残っているのですね。
それだけで十分だと思いますよ(*^^*)
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ