追い越されたけれど

先の日曜日に同居犬(チワワ・♂)は、初めて動物病院に

お泊り(入院)し、月曜日に帰ってきました。


もうすぐ11歳(人間の年齢では還暦)になる同居犬は、

心臓病を患ってから4年が経ちました。


聞き慣れない激しい咳の音に私が目を覚ますと、同居犬が

パタリと横に倒れてしまいました。


驚いて抱きかかえて様子をみると、疲れているようです。

私は混乱してどうしたものかと思案していたところ、

再び咳き込みました。


病院に連れて行くと、診断は心臓病の悪化により

肺に水が溜まっている状態(肺水腫)とのこと。


肺水腫が治るまで帰宅させられないと聞き、

頷くしかありませんでした。



獣医さんによると、人間の心臓の大きさは

その人の握りこぶし程度だそうです。


それから考えると、チワワ(体重3kg)の心臓は

人間の手の親指程度らしいです。


心臓の弁の一つが閉じなくなって、血液が

逆流してしまう僧帽弁閉鎖不全症。

手術による治療はできないようです。


発症当時は薬が1種類だけでしたが徐々に

進行し、現在は3種類服用させています。


幸い翌日には快復し、仕事帰りに迎えに

行きました。

同居犬はケロリとして、食欲も旺盛なので

安心しました。


これからは3種類目の薬を、倍増しで服用

させることになりました。



この犬と暮らして10年以上。

喜怒哀楽を共にしてきました。


片手に乗る子犬だったのに、私の年齢を追い越して

その差は広がっていくばかりです。


私が就労を諦めずに済んだのは、同居犬と離れたく

なかったことも一因です。


私が経済的破たんに陥ってしまったら、いまどき

病気の犬の面倒を見てくれるような奇特な人は、

まずいないでしょう。


体は小さいけれど、大きな存在。

できるだけ長く、一緒に時を重ねていきたいと

切に願っています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

> ワンちゃんのこと、ご心配だったでしょう。
> おうちに帰れるまでに回復してよかったですね。

いわゆる「発作」が起きたのは初めてだったので、戸惑うばかりでした。
これからは注意深く体調を観察していこうと思いました。

> これからも長い時間を共に過ごせますように・・・☆彡

そうですね。
一人と一頭の穏やかな日々が続けられるよう、努力していきます。

おはようございます

ワンちゃんのこと、ご心配だったでしょう。
おうちに帰れるまでに回復してよかったですね。

10年ですか・・・長い年月を共に過ごされたのですね。
誰かに必要とされることは生きることにつながります。
きっとお互いに。
ワンちゃんも春待つねこやなぎさんをひとりにはできないぞ!と頑張ってくれてたりするのかもしれませんね。
これからも長い時間を共に過ごせますように・・・☆彡
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ