FC2ブログ

心のすきま

本日で6月が終わる。
夏至も過ぎて、少しずつ日が短くなっていく。
今年の半分が終わってしまった。

変化の多い半年間だった。
2年以上のブランクを経て就職が決まった1月。
障害者枠で働き始めた2月。
雇用契約が更新できた3月。
長距離通勤に慣れてきた4月。
同居犬の最期を看取った5月。
まだ心が揺れ動いている6月。

変化した日常を心の中で消化するには、残りの
半年間では足りない気がする。
何事にも適応が遅い私は、亀のように進むしかない。

以前はそんな自分が嫌で仕方がなかったけれど、
もう他人と比べたところでどうなる訳でもないと
悟ることができて、気が楽になった。


毎朝、自宅近くの道路で正社員として勤続していた
企業のトラックを見かける。

職を転々としていた頃は、いたたまれない気持ちに
苛まれたけれど、理想に近い職を得た現在では
他車と同じような感覚でしかない。

退職後6年以上が経過して、やっと過去の引き出しに
納めることができて、ほっとしている。


一方で同居犬を亡くした心のすきまは、ふさがりそうにない。
遺骨は自室にあるし、形見の首輪はバッグに入れて
持ち歩いている。

遺骨は納骨や埋葬をせず、このまま保管するつもりだ。
これからも一緒に暮らしていきたい。
理由はただそれだけ。

しかし人生の終焉を予感する時期が来たら、どうするか
決断しなければならない。
それまではあえて考えない。

同居犬の代わりの存在として、新しく犬や猫を迎える
気持ちはない。
小さくても命を預かることは、責任と覚悟を伴う。

11年近く前の私は正規雇用で収入も割と安定していた
けれど、現況は著しく変わってしまった。
5年10ヶ月に及ぶ放浪の間に蓄えは激減し、就職した
とはいえ1年ごとに雇用契約を結ばなければならない。

加齢に従い体力は低下し、健康上のリスクは高まる。
十分な世話ができるか心もとない。
本音を言えば最期を看取るのも辛く悲しいが、もし
自分が先立つことにでもなったら、心配でいっぱいに
なるだろう。


心のすきまを埋めるためにどうすればよいのか、
ゆっくり探そうと思う。
障害者職業センターの担当職員さんも、
「焦らずにゆっくりでいいと思います。」と話していた。

動物と触れ合いたくなったら、動物園や水族館に
行こう。
余裕ができたら、近場の日帰り温泉に行こう。
花や緑を見に行くのでもいい。

何でもいいから、少しずつ外に出ていこうと考えている。
人生半分以上生きてしまったけれど、まだしばらく
明日が続いてくれると信じているから。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おはようございます

かなさん、コメントありがとうございます。

1ヶ月以上、立ち止まりうずくまって足元だけを見ていました。
顔を上げ周囲を見渡して、立ち上がった気分です。
下半期は、気を取り直して進んでいきたいと思います。

おはようございます

春待つねこやなぎさんにとっては、激動の半年でしたね。
就職と別れ・・・
どちらも大きな出来事です。

今日の次には明日があって、明日の先には明後日があって。
そうやって人生は続いていくから、私もくじけずに外に向かっていこうと思いました。
記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ