FC2ブログ

強いのか弱いのか

今日で歯科治療が終了した。
土曜日しか通院できない上にゴールデンウィークを
挟んだので、思いのほか期間が長くなってしまった。


次は冬季から気になっていた整形外科に行くつもり
だったが、その前に眼科の定期検査に行かなくては
ならない。


ハードレンズからソフトレンズに変更して慣れるまで
時間を要したけれど、付け外しはまずまず上達した。

ただ付け外しの際に指が直接眼球に触れるため、
ハードレンズより衛生上のリスクが大きくなる。

眼科の定期検査を受けてから、次期間のレンズの
処方箋をもらうことになっている。

老眼が進んだような気がするし・・・。


加齢とともに、歯も眼もこまめに点検せざるをえなくなる。


余談だが、実家の母が近々白内障の手術を
受ける予定だ。

経験者から「視界が劇的にきれいになった。」と
聞いたそうだ。


私も将来そのようなことになるかもしれない。
小心者の私は、採血や注射されている部分を
直視できない。

まして眼の手術になると、見たくないものも見えて
しまうのではないかと想像するだけで怖くなる。

そして痛みにも弱い。
注射も手術もしなくて済むものなら、可能な限り
避けたい。



その点、母は対照的だ。
幼少期から虚弱な体質で、幾度も手術を受けてきた。

歯科治療が困難を極め、頬が腫れて食事も取れず
内科に入院したこともあった。

頭痛や微熱、貧血を起こしやすく、かなり悪化しないと
病院には行かない。

本人いわく「慣れすぎて傷みに強くなってしまった。」と
言っている。



そんなものかなあ。
私は痛いのも苦しいのも嫌だな。

年齢を重ねることに抵抗はないけれど、老化による
身体の勤続疲労にはそろそろ覚悟を決めようと思う。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます