FC2ブログ

現状維持は自分次第

先延ばしにしていた整形外科受診。

冬の間、右ひざの違和感と左足の外反母趾が
気になっていた。

しかし春になって車通勤を始めると症状は治まり、
喉元過ぎれば何とやらで、日が経ってしまった。

そして本日、腰が重い自分に発破を掛けて
初めての病院に足を運んだ。



結果は「積極的な治療の必要はない。」だった。
異常はもともとあるのだが、治しようがないのだ。

首から下のレントゲン写真をたくさん取った。

現在のところ、骨粗しょう症の可能性はない。
幸い、五十肩の症状もない。


私は13歳から断続的に腰痛に悩まされてきた。

先天性脊椎披裂(せきついひれつ)から来る
腰痛症と言われた。

簡単に言えば、背骨の下部が生まれつき
出来上がっていないために起こる腰痛だそうだ。


もともと大柄だった私だが、中学生になってから
本格的な成長が始まった。

医師によると脊椎披裂に軽い側弯症(そくわんしょう)が
加わり、腰痛・首こり・肩こり・背中こりと全身の症状に
繋がっているそうだ。

過去に椎間板ヘルニアも経験し、腰痛が起きる度に
整形外科で注射・湿布・各種療法を受けてきた。



30代半ばになると意識して激しい腰痛が起きるような
無理をしなくなったので、整形外科とはご無沙汰していた。

慢性的な腰痛を含む全身の凝りに関しては、薬局で
購入した貼り薬・塗り薬と長めの入浴、ときどき整体に
行く程度でセルフケアしてきた。


今冬の右ひざの違和感と外反母趾の悪化、靴底の
偏った擦り減りも全身の骨格の状態が原因らしい。

つまずきやすいのも、そうなのかな。

50歳を過ぎた現在、骨格の状態は悪化(老化)する
ことはあれど、改善することは皆無だ。

外反母趾は手術するか、幅が広めの靴を履くしか
ないらしい。

靴底の擦り減りも放置せず、まめに交換するか
修理するようにして症状の悪化を防ぐようにと
注意された。


これからは筋力を養うことが大切だと言われた。

それを聞いて思い出した記憶がある。

小中学生の頃の体力測定で、まともにできた
のは握力だけだった。

農家の生まれだから、作業用ホースを引っ張る等の
手伝いをさせられたおかげだ。

平均を下回り、最低だったのは背筋力。
運動が苦手で腹筋も弱かった。

参観日の度に母から注意されていた姿勢の悪さ。
物心ついた頃から猫背だった。


いまさら反省しても遅い。
長年付き合ってくれたこの身体、せめて現状維持を
目指そう。

義務的に考えると気が重く負担に感じてしまう。

まずは、すきま時間に体操・ストレッチをすることから
始めようと思う。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます