FC2ブログ

物憂げ・物ぐさ・物知らず

私とOCD(強迫性障害)の付き合いは長い。
症状をはっきり自覚したのは20歳のときだ。

以降、一進一退をたどっている。


しかし自覚する以前から、その傾向は
強かったように思う。

無意識に強迫的なマイルールに従って
生活していると、ときどきエネルギーが
枯渇して猛烈にだるくなる。


強迫的になってしまう原因は、たぶん
SAD(社交不安障害)の対人恐怖的な
側面から、人に弱みを見せたくない
という心理が働いているのだと思う。



小学校高学年・中学生・高校生の頃、
しばしば夕食も取らず入浴もせず、
夕方から翌朝まで横になっている
ことがあった。

一応、親には「眠いから寝る。」と
ひとこと声をかけておいた。


何もしないで横になってそのうち眠って
しまうのだから、強迫的なマイルールに
縛られずに済み自由の身となった。

この方法でエネルギーを補てんしていた。


この方法のデメリットは、頻度が高くなれば
やるべきことが溜まり、ストレス過剰になる
ことだった。

やるべきこと=食事・入浴・勉強等

だから保身のために、「しばしば」を「ごくたまに」に
自然に軌道修正できた。


社会人になっても、断続的にこの方法で
しのいできた(うつ病になるまでは)。



更年期は思春期と、似通っているところが
あるのかな。

現在もたびたびエネルギー不足に陥る。


物憂げが過ぎると物ぐさになる。
服薬するので夕食を抜く訳にはいかない。

そんなとき重宝するのが野菜ジュース。
いろいろな種類があるから飽きがこない。

一人暮らしなのに調理は苦手というか、
もともと好きではない。

服薬と最低限のことをして、さっさと
横になる。

テレビやネットのニュース等の情報源も
断つから翌朝まで知らぬが仏。



ただ、この方法に依存してはいけないと思う。
あくまで「臨時の退避」に留めておこう。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます