FC2ブログ

体内年齢・体力年齢

全国的に暑い日が続いている。
夏休みの子どもたちは比較的元気に見えるけれど、
大人たちは厳しい暑さに辟易されている方も多いだろう。


私もバテている。
今週は毎夜、窓を全開にして首の後ろに冷却ジェルシートを
貼り付け、扇風機をかけて眠ろうとしたが寝つきが悪かった。

やっと眠っても途中で眼が覚めてしまう。
扇風機のタイマーが切れて、暑く感じるからだ。

いくら暑くても夜通し扇風機をかけていたら、
風邪を引いてしまうかもしれない。

それを恐れて、1時間後に切れるようにセットしている。
水分補給後、またタイマーセットして横になる。

再度、暑くて眼が覚めるの繰り返し。
睡眠不足で、胃腸の消化速度も落ちている気がする。


そして相変わらず大量の汗をかいている。
出勤するために自室を出て、ごみを出し車に乗り込む。

わずかな動作の間に、汗の滴が垂れて眼や口に入る。
汗が眼にしみるし、しょっぱさを感じる。
当然のどが渇く。


北海道の夏は短く、冬は長い。
暑いのもせいぜい8月中だけだと思う。

夏を楽しむくらいの気概を持ちたいものだ。



話は変わるが、自室にある体重計(体脂肪計)によると、
私の体内年齢は実年齢より10歳前後若く表示される。

年齢・身長・体重・筋肉・骨量・内臓脂肪・基礎代謝の
各データから計算しているらしい。

それは良いことなのだが、問題は体力年齢の方だ。
整形外科でも指摘されたが、これからは筋力が重要に
なってくる。


27歳のとき、スポーツクラブに入会した(既に退会)。
最初のテストで、体力年齢は54歳と言われた。
実年齢の倍だ。

今年その54歳になった。
果たして体力年齢はいかに。
前例に従うと108歳になってしまう。

108歳まで生存しているとは思っていないけれど、
もしそうなったとしたら自立歩行は難しいだろう。

通勤して仕事して家事をする。
とりあえず一人暮らしは成り立っている。

スポーツが苦手な私は、高望みしない。
実年齢=体力年齢の状態で結構。


しかし、何もしないと衰えるばかりだとは
理解している。

筋力増進活動は暑さに体力を奪われないよう、
もう少し涼しくなってからにしよう。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます