FC2ブログ

過去と現在と未来

8月はお盆と終戦の日が重なることで、「鎮魂の月」と
いう印象が歳を重ねるごとに深くなってきた。


成人になるまでは、自分が生まれる前の遠い昔の
出来事や名前しか知らない先祖の話くらいにしか
捉えていなかったように思う。


それより夏休みという規定により、堂々と集団生活から
一時的に離脱できることの方が嬉しかった。



成人して就職して、いろいろあって中高年になった。
その間に、親族や周囲の人の葬儀に度々参列した。


故人の生き様が明らかにされ、私が知らない故人の
横顔を垣間見たとき、人生の奥深さを学んだ気がする。


平成の時代、戦争がなくて本当に良かったと思う。
戦中から戦後かけて、両親は幼少期を過ごした。
そのときの困難の記憶は、いまもなお鮮明だと言う。


戦争は一般庶民を加害者にも被害者にも変える。
個人とその家族の人生を狂わせてしまう。


現在も世界のあちこちで紛争が起きている。
そう簡単にはいかないと思うが、できるだけ
早期の終結を願わずにはいられない。


これから未来を創っていく人々が、しがらみから
解放されてなるべく自由に生きていけますように。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます