FC2ブログ

楽観と悲観

台風19号による豪雨から一週間が経過した。
日本列島各地の河川が氾濫し堤防が決壊して、
甚大な被害をもたらし多数の人が被災した。


あまりの惨状に言葉が出てこない。



以前、川の近くに住んでいたことがある。
アパートの一階だった。

ある年の冬、突然の暖気で雪融け水が共同の
通路に浸入し、私の部屋の玄関を乗り越え、
室内まで達したことがあった。

気づかずに歩いて、靴下が濡れてしまい
ギョッとした記憶がある。


もしそのまま住み続けて、今回のような台風に
見舞われたとしたら・・・。

雪解け水が室内に上がってきた部屋だもの、
夜間の豪雨だったら瞬時に生命の危険に
さらされていたかもしれない。



南の海上では次の台風が発生している。
どうかこれ以上、日本を痛めつけないでほしい。
空を見上げて、お願いしてみる。




これからの世界は、日本はどうなっていくのだろう。
マクロからミクロへ視点を変えていく。
個人の生活はどうなっていくのだろう。


陳腐な質問だが「あなたは楽観的か悲観的か」と
聞かれたら、間違いなく悲観的な人間だと答える
だろう。

若い時分、友人に「いつも悪い方に考える」と
指摘されたことがある。

思考の癖を変えるのは難しい。
強迫性障害の確認強迫と未だに別れられないのは、
その証拠だと考える。


うつ病、休職、復職、退職、就活、解雇、ひきこもり、
社会復帰のためのリハビリ、障害者としての就職。

一連の出来事を経た現在、私の意識は少し楽観的な
方向に移動したように感じる。


私は私にできることをして生きていく。
それが社会貢献にわずかでも繋がるものであるなら、
素直に嬉しいと断言できる。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます