3歳児 脱走する

三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで)     広辞苑第六版より
      幼い時の性質は老年まで変わらない。



私の一番最初の記憶は、3歳の春に入れられた保育園を脱走したときのものだ。

なかなか保育園の先生や環境に馴染めず、幼いながら困惑していた。

保育園では、毎日1時間くらいお昼寝の時間があって先生も添い寝をしていた。

私はどうしてもお昼寝ができず、苦痛で仕方なかった。

ある日、私はかねてからの計画を実行に移した。

先生たちが添い寝しながら、つい眠ってしまっているのをいいことに、

そうっと音をたてないように玄関の引き戸を開いて、
(昔の田舎の保育園ゆえ、施錠されていなかった)

一目散に家に向かって駆け出した。

家までの経路は、ほぼ直線で1km強くらい。

3歳児でも歩いて帰れる距離だった。

空は晴れていて、私を勇気づけてくれる感じがした。

途中で、車道をトラックが3台ぐらい通過していった。

私はトラックが巻き起こす風に煽られながら、

一心不乱に歩いた(とても長い時間に感じた)。

のどかな農村地帯の歩道を小さな子供が歩いていても

大して気にも留められない平和な時代だった。

家にたどり着くと、さすがに両親と祖母は驚いた。

私はいけないことをしたのだという自覚がなかった。

保育園の先生から、謝罪の連絡が入った。

あとは大人同士の話なので詳細は覚えていない。


「そんなに嫌なら保育園に行かなくてもいい」と、

5歳になるまでの2年間は行かずに済んだ。

しかし、いくらなんでも小学校入学前に

自分の名前くらいは書けるようにならなければいけないし、

集団生活に慣れさせなければならないので、

今度ばかりは義務として通園させられた。

私は相変わらず保育園に馴染めず、

お昼寝も一度もできず退屈だった。

仕方がないので、お昼寝の時間は空想に浸っていることにした。


私は幼い頃から、集団生活が苦手だった。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
お知らせ