FC2ブログ

一時の雪と寒さ

今シーズンは暖冬少雪状態が長く続いていたけれど、
節分になってから一気に冷え込み降雪が多くなった。


やっと冬らしくなった。
窓から外を見ているだけなら、これでいい。

寒さにしても私が10~20代で感じていた気温より
ずっと高く、物足りないくらいだ。


しかし生活者の視点では、せり出した雪のかたまりで
道幅が狭くなり見通しが悪くなった。

交通機関の乱れで待ち時間が長くなり、混み合う。
何より帰宅後の雪かきが辛い。


空が壊れたように降り注ぐ雪を見て、週末まで放置したら
手に負えなくなるかもしれないと思い、仕方なく雪かきを
する日が続いた。


おかげで何とか穏やかな週末を迎えたが、疲れが
溜まっていたのだろう。
冬眠中の熊のように、眠りこけていた。


報道ではこの寒さと雪も週半ばには緩んでしまい、
暖冬傾向に戻るという。


そうなると路面はぐちゃぐちゃで歩きにくいし、
頭上からの落雪が怖い。


冬の雨も珍しくなくなったけれど、北海道の冬の
風情を感じる余裕が失われてしまう。


雪かきしないで済むから楽な反面、寂しさが
風のように心を吹き抜けていく。


若い頃は冬が嫌いだった。
このような気持ちになるのは、きっと加齢の
影響だろう。


若いから見えていたことが、見えなくなった。
若くてわからなかったことが、わかるようになった。


人間はどちらに重きを置くのだろう。
正解がわからない。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

記事から探す
気になる語句を入力して「検索」をクリックしてください
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログについて
参加してます
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます